酩酊と刑事責任

この論文をさがす

著者

    • 田中, 圭二, 1943- タナカ, ケイジ

書誌事項

タイトル

酩酊と刑事責任

著者名

田中, 圭二, 1943-

著者別名

タナカ, ケイジ

学位授与大学

関西学院大学

取得学位

法学博士

学位授与番号

乙第154号

学位授与年月日

1991-03-27

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0005.jp2)
  2. まえがき / p1 (0003.jp2)
  3. 第一章 序論 / p1 (0007.jp2)
  4. 第二章 意思的作用の障害と責任能力の基準(テスト)-アメリカ法における「抵抗不能の衝動」テストの問題点- / p13 (0013.jp2)
  5. 第一節 はしがき / p13 (0013.jp2)
  6. 第二節 「抵抗不能の衝動」テストの確立までの過程とこのテストの内容 / p16 (0015.jp2)
  7. 第三節「抵抗不能の衝動」テストに対する批判 / p24 (0019.jp2)
  8. 第四節「抵抗不能の衝動」テストに対する批判の倹討およびこのテストにおける問題点の指摘 / p34 (0024.jp2)
  9. 第五節 今後における考察のための布石-むすびにかえて- / p45 (0029.jp2)
  10. 第三章 いわゆる異常酩酊と刑事責任-中等度以上の異常酩酊者に対する裁判所の責任能力判断について- / p49 (0031.jp2)
  11. 第一節 はしがき / p49 (0031.jp2)
  12. 第二節 酩酊にかんする精神医学的症状論 / p59 (0036.jp2)
  13. 第三節 裁判所が中等度以上の異常酩酊者を心神喪失ではないと判断した根拠 / p69 (0041.jp2)
  14. 第四節 中等度以上の異常酩酊と刑事責任能力 / p77 (0045.jp2)
  15. 第五節 裁判所が中等度以上の異常酩酊者を心神喪失ではないと判断した根拠に対する検討 / p84 (0049.jp2)
  16. 第六節 むすび / p111 (0062.jp2)
  17. 第四章 アメリカ法における酩酊と刑事責任-公共の場で酩酊した(いわゆる公然酩酊罪)慢性アルコール中毒者の責任能力について- / p115 (0064.jp2)
  18. 第一節 はしがき / p115 (0064.jp2)
  19. 第二節 パウエル判決以前の状況、パウエル判決、およびホワイトとフォータスの意見の紹介 / p119 (0066.jp2)
  20. 第三節 公然酩酊に至った慢性アルコール中毒者に対する処罰が禁止されるための要件 / p125 (0069.jp2)
  21. 第四節 公然酩酊に至った慢性アルコール中毒者に対する処罰の禁止論と責任能力 / p131 (0072.jp2)
  22. 第五節 今後における考察のための布石-むすびにかえて- / p150 (0082.jp2)
  23. 第五章 酩酊犯罪対策のための立法上の試案-「原因において自由な行為」にかんするわが国の学説に対する検討を通して- / p159 (0086.jp2)
  24. 第一節 はしがき / p159 (0086.jp2)
  25. 第二節 「同時存在の原則」が維持されている立場-構成要件の「厳格性の要請」に反対する立場- / p162 (0088.jp2)
  26. 第三節 「同時存在の原則」を絶対的要請としない立場 / p166 (0090.jp2)
  27. 第四節 「同時存在の原則」と「厳格性の要請」とが両立している立場 / p176 (0095.jp2)
  28. 第五節 立法上の試案 / p192 (0103.jp2)
  29. 第六章 マックノートン・ルールにかんする一考察-アメリカ法における訴訟能力との関連において- / p215 (0114.jp2)
  30. 第一節 はしがき / p215 (0114.jp2)
  31. 第二節 訴訟能力に関係する制定法の運用の実態 / p220 (0117.jp2)
  32. 第三節 裁判所による責任能力判断の実態と責任無能力者に対する処遇の実態 / p232 (0123.jp2)
  33. 第四節 マックノートン・ルールにまつわる問題点ならびにそれに対する補い-むすびにかえて- / p244 (0129.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000076486
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000998496
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000240800
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ