西ドイツ経営学の展開

この論文をさがす

著者

    • 海道, ノブチカ, 1948- カイドウ, ノブチカ

書誌事項

タイトル

西ドイツ経営学の展開

著者名

海道, ノブチカ, 1948-

著者別名

カイドウ, ノブチカ

学位授与大学

関西学院大学

取得学位

商学博士

学位授与番号

乙第156号

学位授与年月日

1991-06-12

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0004.jp2)
  2. 第1章 決定志向的経営経済学と労働者利害 / p1 (0007.jp2)
  3. I 序 / p1 (0007.jp2)
  4. II 決定志向的経営経済学の生成 / p2 (0008.jp2)
  5. III 共同決定と経営経済学 / p4 (0009.jp2)
  6. IV シュミットの企業用具説 / p7 (0010.jp2)
  7. V オルトマンによるシュミット批判 / p14 (0014.jp2)
  8. VI 労働志向的個別経済学の問題提起 / p18 (0016.jp2)
  9. VII シュミーレヴィッチの反論 / p21 (0017.jp2)
  10. 第2章 コジオール経営経済学の特徴 / p24 (0019.jp2)
  11. I 序 / p24 (0019.jp2)
  12. II 企業と経営の概念 / p26 (0020.jp2)
  13. III 企業の組織 / p38 (0026.jp2)
  14. IV 企業における財の流れ / p45 (0029.jp2)
  15. V 管理用具としての情報の流れ / p48 (0031.jp2)
  16. VI 結 / p56 (0035.jp2)
  17. 第3章 シュミットの方法論上の特徴 / p59 (0036.jp2)
  18. I 序 / p59 (0036.jp2)
  19. II 経済科学の経験対象と認識対象 / p60 (0037.jp2)
  20. III 現代の科学論の影響 / p63 (0038.jp2)
  21. IV 結 / p73 (0043.jp2)
  22. 第4章 シュミットの企業用具説 / p75 (0044.jp2)
  23. I 序 / p75 (0044.jp2)
  24. II 用具としての企業 / p76 (0045.jp2)
  25. III 企業の担い手 / p80 (0047.jp2)
  26. IV 結 / p95 (0054.jp2)
  27. 第5章 企業の目標設定 / p97 (0055.jp2)
  28. I 序 / p97 (0055.jp2)
  29. II 典型的な担い手の目標 / p98 (0056.jp2)
  30. III 成果概念 / p102 (0058.jp2)
  31. IV 企業目標の体系 / p107 (0060.jp2)
  32. V 結 / p113 (0063.jp2)
  33. 第6章 企業の目標達成 / p115 (0064.jp2)
  34. I 序 / p115 (0064.jp2)
  35. II 日標達成の代替案 / p116 (0065.jp2)
  36. III 決定の発見過程と実施過程 / p122 (0068.jp2)
  37. IV 目標達成担当者のおよぼす影響 / p136 (0075.jp2)
  38. V 結 / p145 (0079.jp2)
  39. 第7章 企業の成果使用 / p149 (0081.jp2)
  40. I 序 / p149 (0081.jp2)
  41. II 成果使用の代替案 / p152 (0083.jp2)
  42. III 成果使用のコンフリクト / p163 (0088.jp2)
  43. IV 成果使用体系 / p167 (0090.jp2)
  44. V 結 / p170 (0092.jp2)
  45. 第8章 オルトマンの企業目標論批判 / p174 (0094.jp2)
  46. I 序 / p174 (0094.jp2)
  47. II 用具テーゼ批判 / p175 (0094.jp2)
  48. III 企業目標の形成過程 / p178 (0096.jp2)
  49. IV 企業目標の内容 / p184 (0099.jp2)
  50. V 結 / p189 (0101.jp2)
  51. 第9章 労働志向的個別経済学 / p192 (0103.jp2)
  52. I 序 / p192 (0103.jp2)
  53. II 共同決定と労働志向的個別経済学 / p193 (0103.jp2)
  54. III 経営経済学批判 / p195 (0104.jp2)
  55. IV 解放的合理性 / p197 (0105.jp2)
  56. V 結 / p200 (0107.jp2)
  57. 第10章 シュミーレヴィッチの企業制度説 / p202 (0108.jp2)
  58. I 序 / p202 (0108.jp2)
  59. II シュミーレヴィッチの基本的立場 / p202 (0108.jp2)
  60. III 制度としての企業 / p213 (0113.jp2)
  61. IV 財の管理 / p218 (0116.jp2)
  62. V 経営経済学への労働者利害の統合 / p227 (0120.jp2)
  63. VI 目標のコンフリクト / p229 (0121.jp2)
  64. VII 自己実現目標と企業組織 / p231 (0122.jp2)
  65. VIII 結 / p236 (0125.jp2)
  66. 補論 経営経済学史の方法 / p240 (0127.jp2)
  67. I 文献史としての学史 / p240 (0127.jp2)
  68. II 認識の発展史としての学史 / p242 (0128.jp2)
  69. III 歴史的アプローチと理論的アプローチの統一としての学史 / p245 (0129.jp2)
  70. 欧文参考文献 / p1 (0136.jp2)
  71. 和文参考文献 / p7 (0139.jp2)
  72. 人名索引 / p1 (0141.jp2)
  73. 事項索引 / p1 (0143.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000076488
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000998497
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000240802
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ