A-φを変数に用いた三次元電磁界解析法に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 植山, 高次 ウエヤマ, タカツグ

書誌事項

タイトル

A-φを変数に用いた三次元電磁界解析法に関する研究

著者名

植山, 高次

著者別名

ウエヤマ, タカツグ

学位授与大学

九州工業大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

甲第7号

学位授与年月日

1991-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 1 緒論 / p1 (0006.jp2)
  3. 1.1 研究の目的と背景 / p1 (0006.jp2)
  4. 1.2 本論文の構成と各章の概要 / p4 (0009.jp2)
  5. 2 基礎方程式 / p7 (0012.jp2)
  6. 2.1 緒言 / p7 (0012.jp2)
  7. 2.2 A-φ法による基礎方程式 / p8 (0013.jp2)
  8. 2.3 有限要素法による定式化 / p11 (0016.jp2)
  9. 2.4 電流連続式の独立性と物理的意味 / p19 (0024.jp2)
  10. 2.5 ゲージ条件について / p30 (0035.jp2)
  11. 2.6 結言 / p32 (0037.jp2)
  12. 3 精度の検証 / p33 (0038.jp2)
  13. 3.1 緒言 / p33 (0038.jp2)
  14. 3.2 電気学会モデル / p33 (0038.jp2)
  15. 3.3 メッシュ分割と精度検証に関する考察 / p40 (0045.jp2)
  16. 3.4 TEAM Workshop Problem7 / p51 (0056.jp2)
  17. 3.5 導電流体に働くLorentz力 / p62 (0067.jp2)
  18. 3.6 結言 / p65 (0070.jp2)
  19. 4 計算の高速化 / p68 (0073.jp2)
  20. 4.1 緒言 / p68 (0073.jp2)
  21. 4.2 未知数の削減 / p69 (0074.jp2)
  22. 4.3 非ゼロ要素の削減と計算機能力の向上 / p74 (0079.jp2)
  23. 4.4 時間きざみ回数の削減 / p75 (0080.jp2)
  24. 4.5 結言 / p80 (0085.jp2)
  25. 5 相対ポテンシャルを用いた極薄物体の解析 / p83 (0088.jp2)
  26. 5.1 緒言 / p83 (0088.jp2)
  27. 5.2 マトリクスの悪条件 / p83 (0088.jp2)
  28. 5.3 相対ポテンシャルを用いた極薄要素による解析 / p85 (0090.jp2)
  29. 5.4 極薄要素の有用性 / p88 (0093.jp2)
  30. 5.5 実験結果との比較 / p92 (0097.jp2)
  31. 5.6 結言 / p92 (0097.jp2)
  32. 6 並列分散処理による演算の高速化 / p97 (0102.jp2)
  33. 6.1 緒言 / p97 (0102.jp2)
  34. 6.2 並列処理技術 / p97 (0102.jp2)
  35. 6.3 結言 / p105 (0110.jp2)
  36. 7 結論 / p106 (0111.jp2)
6アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000076551
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000076754
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000240865
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ