むだ時間を有する離散時間確率システムの最小分散制御に関する研究 muda jikan o yusuru risan jikan kakuritsu shisutemu no saisho bunsan seigyo ni kansuru kenkyu

この論文をさがす

著者

    • 橋本, 洋志, 1960- ハシモト, ヒロシ

書誌事項

タイトル

むだ時間を有する離散時間確率システムの最小分散制御に関する研究

タイトル別名

muda jikan o yusuru risan jikan kakuritsu shisutemu no saisho bunsan seigyo ni kansuru kenkyu

著者名

橋本, 洋志, 1960-

著者別名

ハシモト, ヒロシ

学位授与大学

早稲田大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

甲第846号

学位授与年月日

1990-06-21

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0004.jp2)
  3. 1.1 離散時間最小分散制御 / p1 (0004.jp2)
  4. 1.2 直接型STCに基づく最小分散制御 / p7 (0007.jp2)
  5. 1.3 離散時間線形確率フィードバック系 / p14 (0011.jp2)
  6. 1.4 本論文の概要 / p16 (0012.jp2)
  7. 第2章 むだ時間のミスマッチを伴うMVSの安定性 / p17 (0012.jp2)
  8. 2.1 緒言 / p17 (0012.jp2)
  9. 2.2 最小分散制御系の構成 / p19 (0013.jp2)
  10. 2.3 むだ時間のミスマッチを伴う安定条件 / p22 (0015.jp2)
  11. 2.4 シミュレーション例 / p31 (0019.jp2)
  12. 2.5 結言 / p36 (0022.jp2)
  13. 第3章 離散時間線形確率フィードバック系の大域的収束性 / p37 (0022.jp2)
  14. 3.1 緒言 / p37 (0022.jp2)
  15. 3.2 線形ブロックの構成 / p38 (0023.jp2)
  16. 3.3 クラスL(Λ)とクラスN(Γ) / p45 (0026.jp2)
  17. 3.4 確率フィードバック系の大域的収束定理 / p52 (0030.jp2)
  18. 3.5 結言 / p62 (0035.jp2)
  19. 第4章 直接型STCの大域的収束性 / p63 (0035.jp2)
  20. 4.1 緒言 / p63 (0035.jp2)
  21. 4.2 直接型STCの構成 / p65 (0036.jp2)
  22. 4.3 大域的収束定理 / p75 (0041.jp2)
  23. 4.4 SA法を用いた直接型STC / p82 (0045.jp2)
  24. 4.5 結言 / p90 (0049.jp2)
  25. 第5章 むだ時間のミスマッチを伴う直接型最小分散STCの安定性 / p91 (0049.jp2)
  26. 5.1 緒言 / p91 (0049.jp2)
  27. 5.2 直接型最小分散STCの構成 / p93 (0050.jp2)
  28. 5.3 安定性の解析 / p98 (0053.jp2)
  29. 5.4 むだ時間のミスマッチを考慮した直接型STC / p109 (0058.jp2)
  30. 5.5 結言 / p116 (0062.jp2)
  31. 第6章 結論 / p117 (0062.jp2)
  32. 謝辞 / p119 (0063.jp2)
  33. 参考文献 / p120 (0064.jp2)
  34. 筆者業績 / p124 (0066.jp2)
3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000076583
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000998502
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000240897
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ