自然環境下における生殖内分泌調節機構

この論文をさがす

著者

    • 伊藤, 正則 イトウ, マサノリ

書誌事項

タイトル

自然環境下における生殖内分泌調節機構

著者名

伊藤, 正則

著者別名

イトウ, マサノリ

学位授与大学

早稲田大学

取得学位

理学博士

学位授与番号

甲第863号

学位授与年月日

1991-03-15

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0005.jp2)
  3. 1-1 序 / p1 (0005.jp2)
  4. 1-2 生殖腺刺激ホルモンに関する従来の研究 / p2 (0006.jp2)
  5. 1-3 生殖腺刺激ホルモンの分泌調節機構に関する従来の研究 / p5 (0009.jp2)
  6. 1-4 本研究の目的と意義 / p8 (0012.jp2)
  7. 第2章 ヒキガエル生殖腺刺激ホルモンのラジオイムノアッセイ(RIA)の確立 / p12 (0016.jp2)
  8. 2-1 目的 / p12 (0016.jp2)
  9. 2-2 材料と方法 / p13 (0017.jp2)
  10. 2-3 結果 / p16 (0020.jp2)
  11. 2-4 考察 / p22 (0026.jp2)
  12. 第3章 自然環境下における生殖腺刺激ホルモン、アンドロジェン及び精巣重量の周年変化 / p24 (0028.jp2)
  13. 3-1 目的 / p24 (0028.jp2)
  14. 3-2 材料と方法 / p25 (0029.jp2)
  15. 3-3 結果 / p27 (0031.jp2)
  16. 3-4 考察 / p33 (0037.jp2)
  17. 第4章 哺乳類生殖腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)に対する脳下垂体の反応性の季節変化 / p37 (0041.jp2)
  18. 4-1 目的 / p37 (0041.jp2)
  19. 4-2 材料と方法 / p38 (0042.jp2)
  20. 4-3 結果 / p39 (0043.jp2)
  21. 4-4 考察 / p46 (0050.jp2)
  22. 第5章 繁殖期及びその前後における生殖腺刺激ホルモンとアンドロジェンの変化 / p48 (0052.jp2)
  23. 5-1 目的 / p48 (0052.jp2)
  24. 5-2 材料と方法 / p49 (0053.jp2)
  25. 5-3 結果 / p50 (0054.jp2)
  26. 5-4 考察 / p56 (0060.jp2)
  27. 第6章 抱接行動と生殖腺刺激ホルモンの関係 / p60 (0064.jp2)
  28. 6-1 目的 / p60 (0064.jp2)
  29. 6-2 材料と方法 / p61 (0065.jp2)
  30. 6-3 結果 / p63 (0067.jp2)
  31. 6-4 考察 / p72 (0076.jp2)
  32. 第7章 総論 / p75 (0079.jp2)
  33. 7-1 GnRHによる生殖腺刺激ホルモンの分泌調節 / p75 (0079.jp2)
  34. 7-2 抱接行動と生殖腺刺激ホルモン / p76 (0080.jp2)
  35. 7-3 自然環境下における生殖腺刺激ホルモンの変化 / p76 (0080.jp2)
  36. 7-4 今後の課題 / p78 (0082.jp2)
  37. 謝辞 / p81 (0085.jp2)
  38. 参考文献 / p82 (0086.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000076600
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000076803
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000240914
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ