黄体形成ホルモン受容体の変動が卵成熟過程において果たす役割

この論文をさがす

著者

    • 菊地, 元史 キクチ, モトシ

書誌事項

タイトル

黄体形成ホルモン受容体の変動が卵成熟過程において果たす役割

著者名

菊地, 元史

著者別名

キクチ, モトシ

学位授与大学

早稲田大学

取得学位

理学博士

学位授与番号

甲第869号

学位授与年月日

1991-03-15

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0005.jp2)
  3. 第1節、序 / p1 (0006.jp2)
  4. 第2節、脊椎動物の卵形成と卵胞のステロイドホルモン合成に関するこれまでの研究 / p4 (0008.jp2)
  5. 第3節、卵形成過程での生殖腺刺激ホルモン受容体の変動についての従来の研究 / p10 (0014.jp2)
  6. 第4節、家禽の卵形成の特徴―研究材料としての利点― / p12 (0016.jp2)
  7. 第5節、本研究の必要性と目的 / p16 (0020.jp2)
  8. 第2章 鳥類のLH受容体の測定について / p17 (0021.jp2)
  9. 第1節、序 / p18 (0022.jp2)
  10. 第2節、材料と方法 / p21 (0025.jp2)
  11. 第3節、標識用ホルモンの受容体結合活性に関する検討―新たなニワトリLHの精製― / p24 (0028.jp2)
  12. 第4節、ニワトリLHを受容体への結合能を損ねずに¹²⁵Iで標識する方法の検討 / p28 (0032.jp2)
  13. 第5節 標識ニワトリLHの高速液体クロマトグラフィー(HPLC)による精製 / p31 (0035.jp2)
  14. 第6節、様々な標識ニワトリLH分画のウズラ卵巣顆粒膜受容体標本に対する結合 / p35 (0039.jp2)
  15. 第7節、考察 / p37 (0041.jp2)
  16. 第3章 鳥類卵巣のLH受容体の基本的性質 / p41 (0045.jp2)
  17. 第1節、目的 / p42 (0046.jp2)
  18. 第2節、材料と方法 / p43 (0047.jp2)
  19. 第3節、結果 / p46 (0050.jp2)
  20. 第4節、考察 / p55 (0059.jp2)
  21. 第4章 鳥類卵胞のステロイド合成の最終産物の転換におけるLH受容体変動の役割 / p57 (0061.jp2)
  22. 第1節、目的 / p58 (0062.jp2)
  23. 第2節、材料と方法 / p60 (0064.jp2)
  24. 第3節、結果 / p61 (0065.jp2)
  25. 第4節、考察 / p67 (0071.jp2)
  26. 第5章 鳥類卵胞の人工的発達とLH受容体 / p71 (0073.jp2)
  27. 第1節、目的 / p72 (0076.jp2)
  28. 第2節、材料と方法 / p73 (0077.jp2)
  29. 第3節、予備実験 / p75 (0079.jp2)
  30. 第4節、方法と結果 / p78 (0082.jp2)
  31. 第5節、考察 / p91 (0095.jp2)
  32. 第6章 成果の総括と今後の課題、展望 / p96 (0100.jp2)
  33. 第1節、本研究の成果 / p97 (0101.jp2)
  34. 第2節、今後の課題と展望 / p104 (0108.jp2)
  35. 謝辞 / p106 (0110.jp2)
  36. 参考文献 / p107 (0111.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000076606
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000076809
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000240920
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ