滑動型枠工法による鉄筋コンクリート塔状構築物の施工技術に関する研究 katsudo katawaku koho ni yoru tekkin konkurito tojo kochikubutsu no seko gijutsu ni kansuru kenkyu

この論文をさがす

著者

    • 野中, 稔 ノナカ, ミノル

書誌事項

タイトル

滑動型枠工法による鉄筋コンクリート塔状構築物の施工技術に関する研究

タイトル別名

katsudo katawaku koho ni yoru tekkin konkurito tojo kochikubutsu no seko gijutsu ni kansuru kenkyu

著者名

野中, 稔

著者別名

ノナカ, ミノル

学位授与大学

早稲田大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第829号

学位授与年月日

1991-03-07

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 第1章 序論 / (0006.jp2)
  2. 1.1 滑動型枠工法による鉄筋コンクリート構造物の建設の発展とその施行上の課題 / (0007.jp2)
  3. 1.2 本研究をめぐる既往の研究 / p3 (0008.jp2)
  4. 1.3 本研究の目的・項目および方法 / p7 (0010.jp2)
  5. 参考文献 / p12 (0013.jp2)
  6. 第2章 等断面滑動型枠工法の開発と施工実態の調査 / (0014.jp2)
  7. 2.1 サイロ工事の実態調査 / p15 (0015.jp2)
  8. 2.2 等断面滑動型枠工法の開発 / p25 (0020.jp2)
  9. 2.3 滑動型枠工法の施工実態の調査 / p43 (0029.jp2)
  10. 2.4 滑動型枠工法をめぐる施工技術の確立 / p66 (0041.jp2)
  11. 2.5 鉄筋コンクリート造サイロの施工事例の調査 / p69 (0042.jp2)
  12. 2.6 結言 / p91 (0053.jp2)
  13. 参考文献 / p95 (0055.jp2)
  14. 第3章 コンクリートの初期性状に関する基礎的研究 / (0056.jp2)
  15. 3.1 調合条件と初期圧縮強度の関係に関する研究 / p97 (0057.jp2)
  16. 3.2 コンクリートの養生条件と初期強度に関する研究 / p104 (0061.jp2)
  17. 3.3 コンクリートの初期材令における圧縮強度とせん断強度に関する研究 / p112 (0065.jp2)
  18. 3.4 結言 / p122 (0070.jp2)
  19. 参考文献 / p123 (0070.jp2)
  20. 第4章 変断面滑動型枠工法の開発と実大モデルによる施工実験 / (0071.jp2)
  21. 4.1 開発の経過とその展開 / p125 (0072.jp2)
  22. 4.2 施工中の安全性に関する実験 / p144 (0082.jp2)
  23. 4.3 実大モデルによる施工実験 / p151 (0085.jp2)
  24. 4.4 結言 / p188 (0104.jp2)
  25. 第5章 超高煙突の施工の実態調査 / (0105.jp2)
  26. 5.1 調査研究の目的 / p191 (0106.jp2)
  27. 5.2 調査研究の項目と方法 / p192 (0107.jp2)
  28. 5.3 工事計画の調査 / p198 (0110.jp2)
  29. 5.4 工事管理手法の調査 / p215 (0118.jp2)
  30. 5.5 施工実績の記録 / p223 (0122.jp2)
  31. 5.6 結言 / p235 (0128.jp2)
  32. 第6章 無線塔の施工の実態調査 / (0129.jp2)
  33. 6.1 調査研究の目的 / p237 (0130.jp2)
  34. 6.2 調査研究の項目と方法 / p238 (0131.jp2)
  35. 6.3 変断面滑動型枠工法による施工上の問題点と対策の調査 / p242 (0133.jp2)
  36. 6.4 工事計画の調査 / p249 (0136.jp2)
  37. 6.5 工事管理手法の調査 / p260 (0142.jp2)
  38. 6.6 施工実績の記録 / p263 (0143.jp2)
  39. 6.7 結言 / p274 (0149.jp2)
  40. 参考文献 / p276 (0150.jp2)
  41. 第7章 変断面滑動型枠工法に用いる装置・機器の生産保全ならびに工法をめぐる品質管理 / (0150.jp2)
  42. 7.1 滑動型枠工法の装置の保全管理をめぐる課題 / p277 (0151.jp2)
  43. 7.2 研究の目的および項目 / p278 (0152.jp2)
  44. 7.3 滑動型枠の構成 / p279 (0152.jp2)
  45. 7.4 滑動型枠工法の故障モードの影響解析 / p282 (0154.jp2)
  46. 7.5 施工過程における装置・機器の故障の実態調査 / p289 (0157.jp2)
  47. 7.6 滑動型枠工法をめぐる品質管理 / p295 (0160.jp2)
  48. 7.7 結言 / p300 (0163.jp2)
  49. 参考文献 / p302 (0164.jp2)
  50. 第8章 結論 / (0164.jp2)
  51. A.等断面滑動型枠工法の開発と施工実態の調査 / p303 (0165.jp2)
  52. B.コンクリートの初期性状に関する基礎的研究 / p305 (0166.jp2)
  53. C.変断面滑動型枠工法の開発と実大モデルによる施工実験 / p306 (0167.jp2)
  54. D.超高煙突の施工 / p308 (0168.jp2)
  55. E.無線塔の施工 / p309 (0168.jp2)
  56. F.変断面滑動型枠工法に用いる装置の生産保全工法をめぐる品質管理 / p310 (0169.jp2)
  57. 研究業績 / p313 (0171.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000076667
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000076870
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000240981
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ