蛍石型酸化物超イオン導電体の光散乱による研究

この論文をさがす

著者

    • 中島, 安理 ナカジマ, アンリ

書誌事項

タイトル

蛍石型酸化物超イオン導電体の光散乱による研究

著者名

中島, 安理

著者別名

ナカジマ, アンリ

学位授与大学

東北大学

取得学位

理学博士

学位授与番号

甲第4301号

学位授与年月日

1991-03-28

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 第1章 序論 / p1 (0006.jp2)
  2. 1-1 蛍石型超イオン導電体について / p1 (0003.jp2)
  3. 1-2 QELSによる研究 / p12 (0017.jp2)
  4. 1-3 欠陥誘起ラマン散乱による研究 / p15 (0020.jp2)
  5. 1-4 本研究の目的と構成 / p17 (0022.jp2)
  6. 第2章 試料及び実験装置 / p19 (0024.jp2)
  7. 2-1 試料作成 / p19 (0024.jp2)
  8. 2-2 準弾性光散乱(QELS)測定装置 / p29 (0034.jp2)
  9. 2-3 ラマン散乱測定装置 / p34 (0039.jp2)
  10. 2-4 偏光特性によるラマンスペクトルの帰属 / p36 (0041.jp2)
  11. 第3章 超イオン導電体におけるQELS / p39 (0044.jp2)
  12. 3-1 QELSとは / p39 (0044.jp2)
  13. 3-2 QELSの固定周波数における散乱光強度と積分強度の温度依存性 / p53 (0058.jp2)
  14. 3-3 QELSの偏光特性のdopant濃度依存性 / p70 (0075.jp2)
  15. 3-4 考察 / p76 (0081.jp2)
  16. 3-5 結論 / p181 (0186.jp2)
  17. 第4章 超イオン導電体における欠陥誘起ラマン散乱 / p183 (0188.jp2)
  18. 4-1 depedCeO₂における欠陥誘起ラマンスペクトル / p184 (0189.jp2)
  19. 4-2 (1-x)Zr0₁-xYO₁.₅(x=0.18)のラマンスペクトル / p198 (0203.jp2)
  20. 4-3 欠陥誘起ラマンスペクトルの理論 / p201 (0206.jp2)
  21. 4-4 フォノン分散曲線の計算 / p211 (0216.jp2)
  22. 4-5 考察 / p219 (0224.jp2)
  23. 4-6 結論 / p255 (0260.jp2)
  24. 第5章 総括 / p257 (0262.jp2)
  25. 第6章 今後の課題 / p262 (0267.jp2)
  26. 付録誤差の評価について / p264 (0269.jp2)
  27. 参考文献 / p280 (0285.jp2)
  28. 発表論文 / p284 (0289.jp2)
  29. 謝辞 / p285 (0290.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000076681
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000076884
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000240995
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ