リエントラントスピングラスに於けるスピン相関の研究

この論文をさがす

著者

    • 鈴木, 淳市 スズキ, ジュンイチ

書誌事項

タイトル

リエントラントスピングラスに於けるスピン相関の研究

著者名

鈴木, 淳市

著者別名

スズキ, ジュンイチ

学位授与大学

東北大学

取得学位

理学博士

学位授与番号

甲第4306号

学位授与年月日

1991-03-28

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0004.jp2)
  2. 序文 / p2 (0003.jp2)
  3. 第1章 スピングラスの概要 / p5 (0006.jp2)
  4. 1.1 Edwards-Anderson模型 / p5 (0006.jp2)
  5. 1.2 Sherrington-Kirkpatrick模型とParisi解(Ising) / p8 (0009.jp2)
  6. 1.3 Sherrington-Kirkpatrick模型(Non-Ising) / p14 (0015.jp2)
  7. 1.4 ±J模型 / p16 (0017.jp2)
  8. 1.5 リエントラント相と混合相 / p17 (0018.jp2)
  9. 1.6 スピングラスの実験 / p17 (0018.jp2)
  10. 第2章 中性子小角散乱 / p20 (0021.jp2)
  11. 2.1 中性子小角散乱の理論 / p20 (0021.jp2)
  12. 2.2 密度揺らぎによる中性子小角散乱 / p26 (0027.jp2)
  13. 2.3 中性子小角散乱とPorod則 / p28 (0029.jp2)
  14. 第3章 パルス冷中性子小角散乱装置の改良 / p31 (0032.jp2)
  15. 3.1 パルス冷中性子小角散乱装置の概要 / p31 (0032.jp2)
  16. 3.2 データ集積及び解析系の改良 / p35 (0036.jp2)
  17. 3.3 周辺機器の開発と環境整備 / p39 (0040.jp2)
  18. 第4章 スピングラスFeAl合金 / p46 (0047.jp2)
  19. 4.1 なぜFeAl合金を選んだのか? / p46 (0047.jp2)
  20. 4.2 スピングラスFeAl合金の概要 / p47 (0048.jp2)
  21. 4.3 試料の作成 / p56 (0057.jp2)
  22. 4.4 磁化測定 / p57 (0058.jp2)
  23. 第5章 スピングラスFeAl合金の中性子小角散乱 / p62 (0063.jp2)
  24. 5.1 無磁場中に於けるスピン相関の温度依存性 / p62 (0063.jp2)
  25. 5.2 スピン相関の磁場依存性 / p81 (0082.jp2)
  26. 5.3 スピン相関の組成依存性 / p94 (0095.jp2)
  27. 第6章 スピングラスFeAl合金の透過中性子偏極率解析 / p99 (0100.jp2)
  28. 6.1 透過中性子偏極率解析の原理 / p99 (0100.jp2)
  29. 6.2 リエントラント相の内部磁場分布 / p104 (0105.jp2)
  30. 第7章 総括 / p111 (0112.jp2)
  31. 参考文献 / p113 (0114.jp2)
  32. 謝辞 / p115 (0116.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000076686
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000076889
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000241000
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ