量子重力理論におけるワームホール解とその効果

この論文をさがす

著者

    • 後藤, 亨 ゴトウ, トオル

書誌事項

タイトル

量子重力理論におけるワームホール解とその効果

著者名

後藤, 亨

著者別名

ゴトウ, トオル

学位授与大学

東北大学

取得学位

理学博士

学位授与番号

甲第4310号

学位授与年月日

1991-03-28

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 1 序論 / p1 (0006.jp2)
  3. 2 ワームホールとBig Fix / p3 (0008.jp2)
  4. 2.1 量子的コヒーレンスの喪失 / p6 (0011.jp2)
  5. 2.2 ワームホールの足し上げとBig Fix / p7 (0012.jp2)
  6. 2.3 大きなワームホールの問題 / p13 (0018.jp2)
  7. 2.4 Big Fixに対するその他の問題点 / p19 (0024.jp2)
  8. 3 ワームホール解と保存量 / p22 (0027.jp2)
  9. 3.1 具体的な模型におけるワームホール解 / p23 (0028.jp2)
  10. 3.2 保存量の取り扱い / p26 (0031.jp2)
  11. 4 ワームホールによって誘導されるVertex Operator / p35 (0040.jp2)
  12. 4.1 Green関数とVertex operator / p35 (0040.jp2)
  13. 4.2 用いる模型と'バックグラウンド'Vertex Operator / p40 (0045.jp2)
  14. 4.3 Conformal結合している物質場:スカラー / p42 (0047.jp2)
  15. 4.4 Conformal結合している物質場:スピン[数式]フェルミオン / p46 (0051.jp2)
  16. 4.5 Minimal結合しているスカラー場の2点関数 / p56 (0061.jp2)
  17. 5 まとめと今後の課題 / p64 (0069.jp2)
  18. 謝辞 / p66 (0071.jp2)
  19. 付録 / p67 (0072.jp2)
  20. A 透過係数の性質 / p67 (0072.jp2)
  21. A.1 対称ポテンシャルで[数式]+[数式]=0になること / p67 (0072.jp2)
  22. A.2 WKB近似によるt(k)の計算 / p68 (0073.jp2)
  23. B 2点関数S(x,x')のSO(4)群についての平均化 / p71 (0076.jp2)
  24. C 定義、公式集 / p73 (0078.jp2)
  25. C.1 Vierbein、スピン接続、曲率 / p73 (0078.jp2)
  26. C.2 SO(4)代数の表現 / p78 (0083.jp2)
  27. C.3 Fierz変換、積分公式 / p80 (0085.jp2)
  28. 参考文献 / p83 (0088.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000076690
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000076893
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000241004
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ