Significance of IgG3 production on the developmental mechanism of glomerulonephritis in MRL/lpr autoimmune disease mice 自己免疫病マウスMRL/lprの糸球体腎炎発症機序におけるIgG3産生の重要性

この論文をさがす

著者

    • 高橋, 智 タカハシ, サトル

書誌事項

タイトル

Significance of IgG3 production on the developmental mechanism of glomerulonephritis in MRL/lpr autoimmune disease mice

タイトル別名

自己免疫病マウスMRL/lprの糸球体腎炎発症機序におけるIgG3産生の重要性

著者名

高橋, 智

著者別名

タカハシ, サトル

学位授与大学

東北大学

取得学位

医学博士

学位授与番号

甲第4363号

学位授与年月日

1991-03-28

注記・抄録

博士論文

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000076743
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000076946
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000241057
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ