原子炉運転員支援高度化のための知識処理技術開発

この論文をさがす

著者

    • 高橋, 信 タカハシ, マコト

書誌事項

タイトル

原子炉運転員支援高度化のための知識処理技術開発

著者名

高橋, 信

著者別名

タカハシ, マコト

学位授与大学

東北大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

甲第4449号

学位授与年月日

1991-03-28

注記・抄録

博士論文

Tohoku University

博士

工学

目次

  1. <目次> / (0005.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0006.jp2)
  3. 1-1 本研究の背景 / p1 (0006.jp2)
  4. 1-2 運転員支援技術の現状 / p3 (0008.jp2)
  5. 1-3 本研究の目的 / p6 (0011.jp2)
  6. 第2章 故障生起汎化知識に基づく知識ベースの構築 / p9 (0014.jp2)
  7. 2-1 研究の基本方針 / p9 (0014.jp2)
  8. 2-2 故障事象分類手法 / p12 (0017.jp2)
  9. 2-3 BWR事例分類の例 / p25 (0030.jp2)
  10. 2-4 故障生起汎化知識(GFMK)の導出 / p27 (0032.jp2)
  11. 2-5 故障モード推定システムの実装 / p29 (0034.jp2)
  12. 2-6 故障モード推定の適用対象及び評価 / p32 (0037.jp2)
  13. 2-7 故障生起汎化知識に基づく知識ベースの構築に関する結論 / p37 (0042.jp2)
  14. 第3章 Dempster-Shater理論を用いた診断型推論方式の開発 / p38 (0043.jp2)
  15. 3-1 従来型確信度の問題点とDempster-Shafer理論利用の利点 / p38 (0043.jp2)
  16. 3-2 推論プログラムの開発と実装 / p47 (0052.jp2)
  17. 3-3 Dempster-Shafer理論を用いた診断システムの適用結果 / p49 (0054.jp2)
  18. 3-4 Dempster-Shafer理論を用いた診断型推論方式の開発に関する結論 / p62 (0067.jp2)
  19. 第4章 総合的考察と今後の方向 / p63 (0068.jp2)
  20. 4-1 故障生起メカニズムに基づく知識ベースの構築についての考察 / p63 (0068.jp2)
  21. 4-2 Dempster-Shafer理論を用いた診断型推論方式についての考察 / p66 (0071.jp2)
  22. 4-3 総合的考察 / p68 (0073.jp2)
  23. 第5章 結論 / p69 (0074.jp2)
  24. 謝辞 / p70 (0075.jp2)
  25. 本研究の具体的成果 / p71 (0076.jp2)
  26. 参考文献 / p73 (0078.jp2)
  27. Appendix.1 事例分析結果(a) / p77 (0082.jp2)
  28. Appendix.2 事例分析結果(b) / p84 (0089.jp2)
  29. Appendix.3 初期GFMKの内容 / p100 (0105.jp2)
  30. Appendix.4 Dempster-Shafer理論に基づく診断システムのプログラムの内容 / p103 (0108.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000076829
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000077032
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000241143
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ