洗浄過程の速度論的研究と油性汚れの洗浄機構

この論文をさがす

著者

    • 山田, 泉 ヤマダ, イズミ

書誌事項

タイトル

洗浄過程の速度論的研究と油性汚れの洗浄機構

著者名

山田, 泉

著者別名

ヤマダ, イズミ

学位授与大学

大阪府立大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第659号

学位授与年月日

1991-05-30

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 序論 / p1 (0005.jp2)
  3. 本研究の目的と意義 / p1 (0005.jp2)
  4. 油性汚れの洗浄とその研究法 / p2 (0006.jp2)
  5. 本論文の構成 / p4 (0007.jp2)
  6. 引用文献 / p5 (0007.jp2)
  7. 第1章 洗浄過程の速度論的研究 / p6 (0008.jp2)
  8. 速度論的研究の背景と目的 / p6 (0008.jp2)
  9. 第1節 洗浄過程の洗浄速度測定と速度式 / p8 (0009.jp2)
  10. 1.1.1 はじめに / p8 (0009.jp2)
  11. 1.1.2 実験 / p8 (0009.jp2)
  12. 1.1.3 結果および考察 / p12 (0011.jp2)
  13. 1.1.4 まとめ / p22 (0016.jp2)
  14. 第2節 油性汚れの洗浄速度と洗浄機構 / p23 (0016.jp2)
  15. 1.2.1 はじめに / p23 (0016.jp2)
  16. 1.2.2 実験 / p23 (0016.jp2)
  17. 1.2.3 結果および考察 / p25 (0017.jp2)
  18. 1.2.4 まとめ / p32 (0021.jp2)
  19. 第3節 油性汚れの洗浄の起こり易さと機械力 / p34 (0022.jp2)
  20. 1.3.1 はじめに / p34 (0022.jp2)
  21. 1.3.2 実験 / p34 (0022.jp2)
  22. 1.3.3 結果および考察 / p35 (0022.jp2)
  23. 1.3.4 まとめ / p44 (0027.jp2)
  24. 第4節 固体粒子汚れの洗浄挙動 / p46 (0028.jp2)
  25. 1.4.1 はじめに / p46 (0028.jp2)
  26. 1.4.2 実験 / p46 (0028.jp2)
  27. 1.4.3 結果および考察 / p50 (0030.jp2)
  28. 1.4.4 まとめ / p55 (0032.jp2)
  29. 第5節 固体粒子汚れの洗浄速度測定と速度式 / p57 (0033.jp2)
  30. 1.5.1 はじめに / p57 (0033.jp2)
  31. 1.5.2 実験 / p57 (0033.jp2)
  32. 1.5.3 結果および考察 / p60 (0035.jp2)
  33. 1.5.4 まとめ / p73 (0041.jp2)
  34. 第1章の結論 / p74 (0042.jp2)
  35. 引用文献 / p75 (0042.jp2)
  36. 第2章 油性汚れの洗浄機構 / p78 (0044.jp2)
  37. 洗浄機構研究の背景と目的 / p78 (0044.jp2)
  38. 第1節 界面活性剤による油性汚れの液晶形成の観察 / p80 (0045.jp2)
  39. 2.1.1 はじめに / p80 (0045.jp2)
  40. 2.1.2 実験 / p80 (0045.jp2)
  41. 2.1.3 結果および考察 / p83 (0046.jp2)
  42. 2.1.4 まとめ / p90 (0050.jp2)
  43. 第2節 界面活性剤による油性汚れの液晶形成温度の測定 / p91 (0050.jp2)
  44. 2.2.1 はじめに / p91 (0050.jp2)
  45. 2.2.2 実験 / p91 (0050.jp2)
  46. 2.2.3 結果および考察 / p92 (0051.jp2)
  47. 2.2.4 まとめ / p105 (0057.jp2)
  48. 第3節 陰イオン界面活性剤による液晶形成速度測定と洗浄への寄与 / p106 (0058.jp2)
  49. 2.3.1 はじめに / p106 (0058.jp2)
  50. 2.3.2 実験 / p106 (0058.jp2)
  51. 2.3.3 結果および考察 / p107 (0058.jp2)
  52. 2.3.4 まとめ / p121 (0065.jp2)
  53. 第4節 非イオン界面活性剤の液晶形成と洗浄への寄与 / p122 (0066.jp2)
  54. 2.4.1 はじめに / p122 (0066.jp2)
  55. 2.4.2 実験 / p122 (0066.jp2)
  56. 2.4.3 結果および考察 / p125 (0067.jp2)
  57. 2.4.4 まとめ / p136 (0073.jp2)
  58. 第2章の結論 / p137 (0073.jp2)
  59. 引用文献 / p138 (0074.jp2)
  60. 総括 / p140 (0075.jp2)
  61. 謝辞 / p142 (0076.jp2)
3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000077021
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000077224
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000241335
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ