口腔癌に対する光力学療法の基礎的研究

この論文をさがす

著者

    • 虎谷, 茂昭 トラタニ, シゲアキ

書誌事項

タイトル

口腔癌に対する光力学療法の基礎的研究

著者名

虎谷, 茂昭

著者別名

トラタニ, シゲアキ

学位授与大学

広島大学

取得学位

歯学博士

学位授与番号

乙第2087号

学位授与年月日

1991-01-24

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0006.jp2)
  2. 第I章 緒言 / p1 (0011.jp2)
  3. 第II章 材料および方法 / p3 (0013.jp2)
  4. 第1節 HpD、Ph-aを用いた光力学療法の検討 / p3 (0013.jp2)
  5. 1.培養液、培養細胞および培養方法 / p3 (0013.jp2)
  6. 2.光感受性色素 / p4 (0014.jp2)
  7. 3.光照射 / p6 (0016.jp2)
  8. 4.光力学作用による細胞形態の変化および培養細胞内の光感受性色素の分布の観察 / p6 (0016.jp2)
  9. 5.培養細胞に対する光感受性色素単独投与の影響 / p7 (0017.jp2)
  10. 6.培養細胞に対する光感受性色素と光照射の影響 / p8 (0018.jp2)
  11. 7.光感受性色素の細胞内取り込みに及ぼすグルコース、ウアバインおよびNaN₃の影響 / p9 (0019.jp2)
  12. 8.光感受性色素の細胞内局在 / p10 (0020.jp2)
  13. 9.アスコルビン酸、α-トコフェロールおよびβ-カロチンの光力学作用に及ぼす影響 / p11 (0021.jp2)
  14. 10.DL-buthionine-〔S.R〕-sulfoximineの光力学作用に及ぼす影響 / p12 (0022.jp2)
  15. 第2節 組織型の相違による光力学作用の感受性の検討 / p13 (0023.jp2)
  16. 1.培養細胞 / p13 (0023.jp2)
  17. 2.ヒト由来扁平上皮癌および唾液腺由来腺癌細胞に対する光力学作用 / p13 (0023.jp2)
  18. 3.ヒト由来扁平上皮癌および唾液腺由来腺癌細胞によるPh-aの細胞内取り込みと細胞外放出 / p14 (0024.jp2)
  19. 4.Ph-aの細胞内濃度を一定にした条件での各培養細胞に対する光力学作用 / p15 (0025.jp2)
  20. 5.各培養細胞の細胞内還元型グルタチオン(GSH)と酸化型グルタチオン(GSSG)の濃度測定 / p16 (0026.jp2)
  21. 6.各培養細胞の細胞内グルタチオンペルオキシダーゼ(GSH-Px)とグルタチオンS-トランスフェラーゼ(GST)活性の測定 / p18 (0028.jp2)
  22. 7.各培養細胞の細胞内グルタチオンレダクターゼ(GR)活性の測定 / p19 (0029.jp2)
  23. 第3節 ヌードマウス移植腫瘍に対する光力学作用の抗腫瘍効果 / p21 (0031.jp2)
  24. 第III章 結果 / p22 (0032.jp2)
  25. 第1節 HpD、Ph-aを用いた光力学療法の検討 / p22 (0032.jp2)
  26. 1.光力学作用による細胞形態の変化および培養細胞内の光感受性色素の分布の観察 / p22 (0032.jp2)
  27. 2.培養細胞に対する光感受性色素単独投与の影響 / p23 (0033.jp2)
  28. 3.培養細胞に対する光感受性色素と光照射の影響 / p24 (0034.jp2)
  29. 4.光感受性色素の細胞内取り込みに及ぼすグルコース、ウアバインおよびNaN₃の影響 / p25 (0035.jp2)
  30. 5.HpDおよびPh-aの細胞内局在 / p26 (0036.jp2)
  31. 6.アスコルビン酸、α-トコフェロールおよびβ-カロチンの光力学作用に及ぼす影響 / p26 (0036.jp2)
  32. 7.BS0の光力学作用に及ぼす影響 / p27 (0037.jp2)
  33. 第2節 組織型の相違による光力学作用の感受性の検討 / p29 (0039.jp2)
  34. 1.ヒト由来扁平上皮癌および唾液腺由来腺癌細胞に対する光力学作用 / p29 (0039.jp2)
  35. 2.ヒト由来扁平上皮癌および唾液腺由来腺癌細胞によるPh-aの細胞内取り込みと細胞外放出 / p30 (0040.jp2)
  36. 3.Ph-aの細胞内濃度を一定にした条件での各培養細胞に対する殺細胞効果 / p30 (0040.jp2)
  37. 4.細胞内グルタチオン(GSH、GSSG)濃度 / p31 (0041.jp2)
  38. 5.細胞内グルタチオンペルオキシダーゼ(GSH-Px)とグルタチオンS-トランスフェラーゼ(GST)活性 / p32 (0042.jp2)
  39. 6.細胞内グルタチオンレダクターゼ(GR)活性 / p34 (0044.jp2)
  40. 第3節 ヌードマウス移植腫瘍に対する光力学作用の抗腫瘍効果 / p35 (0045.jp2)
  41. 第IV章 考察 / p36 (0046.jp2)
  42. 第V章 総括 / p50 (0060.jp2)
  43. 第VI章 引用文献 / p53 (0063.jp2)
  44. 第VII章 図表 / p71 (0081.jp2)
  45. 下顎骨に発生した傍骨性骨肉腫の1例 / (42) / (0109.jp2)
  46. Cefbuperazone (CBPZ)の□腔領域およびその他の組織移行に関する検討 / p2351 (0114.jp2)
  47. 舌に発生した過誤腫の1症例 / (0120.jp2)
  48. 過去11年間当教室における顎顔面骨骨折の臨床統計的観察 / (0124.jp2)
  49. 顎・□腔領域培養細胞に対するヘマトポルフィリン誘導体と光照射の影響 / (0128.jp2)
  50. 26.頭部X線規格写真による下顎前突症の術前,術後の形態学的変化について / p67 (0133.jp2)
  51. 術後性上顎嚢胞の臨床病理学的研究-その病因に関する一考察- / p154 (0137.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000077170
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000077373
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000241484
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ