エピソード記憶の文脈依存機構 : 環境的文脈の変化が再生と再認におよぼす効果

この論文をさがす

著者

    • 漁田, 武雄, 1950- イサリダ, タケオ

書誌事項

タイトル

エピソード記憶の文脈依存機構 : 環境的文脈の変化が再生と再認におよぼす効果

著者名

漁田, 武雄, 1950-

著者別名

イサリダ, タケオ

学位授与大学

広島大学

取得学位

文学博士

学位授与番号

乙第2144号

学位授与年月日

1991-03-20

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 エピソード記憶と文脈 / p1 (0007.jp2)
  3. 第1節 エピソード記憶の概念規定 / p1 (0007.jp2)
  4. 1.想起と後効果 / p1 (0007.jp2)
  5. 2.記憶の分類 / p3 (0009.jp2)
  6. 3.エピソード記憶 / p3 (0009.jp2)
  7. 第2節 エピソード記憶の全体的理解 / p6 (0012.jp2)
  8. 1.エピソード記憶とTPO情報 / p6 (0012.jp2)
  9. 2.エピソード記憶と文脈 / p7 (0013.jp2)
  10. 3.文脈の分類 / p8 (0014.jp2)
  11. 第3節 これまでの記憶研究 / p13 (0019.jp2)
  12. 1.文脈研究以前 / p13 (0019.jp2)
  13. 2.文脈研究 / p18 (0024.jp2)
  14. 3.環境的文脈研究 / p23 (0029.jp2)
  15. 第4節 本研究の目的 / p31 (0037.jp2)
  16. 第5節 本研究の方法 / p32 (0038.jp2)
  17. 1.環境的文脈の操作 / p32 (0038.jp2)
  18. 2.長期遅延再生におけるリハーサルの統制 / p35 (0041.jp2)
  19. 第2章 エピソード記憶における環境的文脈の符号化の機構:自由再生における記銘処理の量的効果の環境的文脈依存性 / p37 (0043.jp2)
  20. 第1節 問題と目的 / p37 (0043.jp2)
  21. 1.現象としての記銘処理の量的効果と環境的文脈 / p37 (0043.jp2)
  22. 2.記銘処理の量的効果の機構と環境的文脈 / p39 (0045.jp2)
  23. 3.環境的文脈研究と記銘処理の量的効果 / p40 (0046.jp2)
  24. 第2節 実験的検証 / p44 (0050.jp2)
  25. 1.実験1:自由記銘場面における記銘処理の量的効果の環境的文脈依存性 / p44 (0050.jp2)
  26. 2.実験2:離散的記銘場面における記銘処理の量的効果の環境的文脈依存性(1) / p63 (0069.jp2)
  27. 3.実験3:離散的記銘場面における記銘処理の量的効果の環境的文脈依存性(2) / p71 (0077.jp2)
  28. 第3節 記銘処理の量的効果と環境的文脈 / p79 (0085.jp2)
  29. 1.記銘処理の量的効果 / p79 (0085.jp2)
  30. 2.記憶現象の環境的文脈依存性 / p79 (0085.jp2)
  31. 第3章 エピソード記憶の想起の過程(1):手掛りなしの自由再生場面における環境的文脈依存性の検索過程 / p80 (0086.jp2)
  32. 第1節 問題と目的 / p80 (0086.jp2)
  33. 第2節 環境的文脈依存性の検索過程と局所的文脈依存性の検索過程の関係 / p84 (0090.jp2)
  34. 1.実験4:自由再生記憶における階層的検索過程 / p84 (0090.jp2)
  35. 第3節 環境的文脈依存性の階層的検索過程と記銘処理の関係 / p91 (0097.jp2)
  36. 1.実験5:偶発学習場面での階層的検索過程と記銘処理の量的効果の関係 / p91 (0097.jp2)
  37. 2.実験6:意図学習場面での階層的検索過程と記銘処理の量的効果の関係 / p99 (0105.jp2)
  38. 第4節 自由再生の想起過程 / p107 (0113.jp2)
  39. 1.階層的検索過程 / p107 (0113.jp2)
  40. 2.項目処理と階層的検索過程との関係 / p108 (0114.jp2)
  41. 第4章 エピソード記憶の想起の過程(2) 再認場面におけるコピー手掛りと環境的文脈依存性の検索過程の関係 / p109 (0115.jp2)
  42. 第1節 問題と目的 / p109 (0115.jp2)
  43. 1.再認の特殊性 / p109 (0115.jp2)
  44. 2.環境的文脈操作の問題 / p110 (0116.jp2)
  45. 3.アウトシャイン仮説 / p111 (0117.jp2)
  46. 第2節 実験的検証 / p114 (0120.jp2)
  47. 1.実験7:再認における記銘処理の量的効果の環境的文脈依存性 / p114 (0120.jp2)
  48. 2.実験8:自由記銘場面における再認テストの選択肢数の効果の環境的文脈依存性 / p121 (0127.jp2)
  49. 3.実験9:離散記銘場面における再認テストの選択肢数の効果の環境的文脈依存性 / p128 (0134.jp2)
  50. 第3節 再認の想起過程 / p133 (0139.jp2)
  51. 1.再認における2重検索過程 / p133 (0139.jp2)
  52. 2.記憶現象の相対性 / p134 (0140.jp2)
  53. 第5章 全体的考察 / p135 (0141.jp2)
  54. 第1節 エピソード記憶形成の機構 / p135 (0141.jp2)
  55. 1.エピソード記憶の符号化過程 / p135 (0141.jp2)
  56. 2.エピソード記憶の痕跡強度 / p137 (0143.jp2)
  57. 第2節 エピソード記憶の想起の機構 / p138 (0144.jp2)
  58. 1.明確な検索手掛りが存在しない場合 / p138 (0144.jp2)
  59. 2.明確な検索手掛りが存在する場合 / p141 (0147.jp2)
  60. 第3節 エピソード記憶研究における環境的文脈研究の意義 / p145 (0151.jp2)
  61. 1.エピソード記憶現象の全体的理解 / p145 (0151.jp2)
  62. 2.実験室研究と日常的記憶現象 / p147 (0153.jp2)
  63. 第4節 環境的文脈研究の今後の展望 / p149 (0155.jp2)
  64. 1.信頼できる環境的文脈効果を得るために / p149 (0155.jp2)
  65. 2.環境的文脈依存性の加齢にともなう変化 / p154 (0160.jp2)
  66. 註 / p156 (0162.jp2)
  67. 引用文献 / p156 (0162.jp2)
4アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000077227
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000998562
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000241541
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ