前近代の商人集団 : 徽州商人とケルン商人の比較

この論文をさがす

著者

    • 張, 冠増 チャン, コアンゾン

書誌事項

タイトル

前近代の商人集団 : 徽州商人とケルン商人の比較

著者名

張, 冠増

著者別名

チャン, コアンゾン

学位授与大学

国際基督教大学

取得学位

学術博士

学位授与番号

甲第19号

学位授与年月日

1991-06-29

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0004.jp2)
  2. 序章 問題の設定と限定 / p1 (0006.jp2)
  3. 第一節、まえおき / p1 (0006.jp2)
  4. 第二節、問題の所在 / p2 (0007.jp2)
  5. 第三節、研究の時代的範囲の限定 / p9 (0014.jp2)
  6. 第四節、前近代における中国とヨーロッパの一般的状況 / p11 (0016.jp2)
  7. 第一章 徽州商人 / p14 (0019.jp2)
  8. 第一節、予備的考察 / p14 (0019.jp2)
  9. 第二節、徽州商人の形成 / p16 (0021.jp2)
  10. 1.徽州商人形成の背景 / p16 (0021.jp2)
  11. 2.呉氏の一族について / p19 (0024.jp2)
  12. 3.商人集団興起の原因 / p23 (0028.jp2)
  13. 第三節、徽州商人の組織の特徴 / p26 (0031.jp2)
  14. 1.商業集団の構成 / p26 (0031.jp2)
  15. 2.集団の指導階層 / p31 (0036.jp2)
  16. 第四節、徽州商人の商業活動 / p32 (0037.jp2)
  17. 1.商業資本の形成 / p32 (0037.jp2)
  18. 2.塩の独占 / p36 (0041.jp2)
  19. 3.活動の範囲及び他の取引 / p39 (0044.jp2)
  20. 4.手工業者の欠如 / p42 (0047.jp2)
  21. 第五節、徽州商人の政治的性質 / p45 (0050.jp2)
  22. 1.政治権力への接近 / p45 (0050.jp2)
  23. 2.武装能力-‐中国商人の一面 / p48 (0053.jp2)
  24. 3.商人の文化的背景 / p50 (0055.jp2)
  25. 第六節、徽州商人の都市への移住と都市文化への貢献 / p53 (0058.jp2)
  26. 1.都市への移住 / p53 (0058.jp2)
  27. 2.商人会館 / p57 (0062.jp2)
  28. 第二章 ケルン商人 / p62 (0067.jp2)
  29. 第一節、予備的考察 / p62 (0067.jp2)
  30. 1.都市ケルンの研究史 / p62 (0067.jp2)
  31. 2.中世都市ケルンの地理的歴史的概況 / p64 (0069.jp2)
  32. 第二節、ケルン商人の起源とその背景 / p66 (0071.jp2)
  33. 1.ケルン商人の形成 / p66 (0071.jp2)
  34. 2.商人集団存立の条件 / p69 (0074.jp2)
  35. 3.都市における商人定住地の発生 / p70 (0075.jp2)
  36. 第三節、ケルン商人の組織 / p72 (0077.jp2)
  37. 1.初期商人集団の組織 / p72 (0077.jp2)
  38. 2.集団の指導階層 / p76 (0081.jp2)
  39. 3.門閥商人の一例--オーヴェルシュトルツ家について / p80 (0085.jp2)
  40. 第四節、ケルン商人の商業活動 / p84 (0089.jp2)
  41. 1.商業資本の形成 / p84 (0089.jp2)
  42. 2.手工業生産の発達 / p88 (0093.jp2)
  43. 3.商業活動について / p91 (0096.jp2)
  44. 4.個別都市の商業独占 / p93 (0098.jp2)
  45. 第五節、ケルン商人の政治活動 / p96 (0101.jp2)
  46. 1.都市共同体の成立に関する諸説の検討 / p96 (0101.jp2)
  47. 2.ケルン商人の政治活動の特徴 / p100 (0105.jp2)
  48. 3.手工業者との矛盾及びツンフト闘争 / p104 (0109.jp2)
  49. 第三章 徽州商人とケルン商人との間の異同 / p111 (0116.jp2)
  50. 第一節 両商人集団の盛衰 / p111 (0116.jp2)
  51. 第二節 政治的構造について / p114 (0119.jp2)
  52. 第三節 経済の面について / p117 (0122.jp2)
  53. 第四節 東洋と西洋の伝統 / p120 (0125.jp2)
  54. 第四章 むすび及び展望 / p123 (0128.jp2)
  55. 注釈 / p1 (0130.jp2)
  56. 参考資料 / p1 (0177.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000077393
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000077596
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000241707
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ