高Crフェライト鋼の高温性質とボイラチューブのクリープ損傷に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 伊勢田, 敦朗 イセダ, アツロウ

書誌事項

タイトル

高Crフェライト鋼の高温性質とボイラチューブのクリープ損傷に関する研究

著者名

伊勢田, 敦朗

著者別名

イセダ, アツロウ

学位授与大学

大阪大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第5438号

学位授与年月日

1991-06-12

注記・抄録

博士論文

09827

博士(工学)

1991-06-12

大阪大学

14401乙第05438号

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0005.jp2)
  3. 1.1 まえがき / p1 (0005.jp2)
  4. 1.2 ボイラ用鋼管の具備すべき条件 / p6 (0008.jp2)
  5. 1.3 ボイラ用高Cr鋼の現状 / p8 (0009.jp2)
  6. 1.4 従来の研究と問題点 / p10 (0010.jp2)
  7. 1.5 本研究の目的と概要 / p16 (0013.jp2)
  8. 参考文献 / p17 (0013.jp2)
  9. 第2章 9Cr系フェライト鋼の長時間加熱脆化とラーベス相析出に及ぼすSiおよびMoの影響 / p23 (0016.jp2)
  10. 2.1 緒言 / p23 (0016.jp2)
  11. 2.2 実験方法 / p23 (0016.jp2)
  12. 2.3 実験結果 / p24 (0017.jp2)
  13. 2.4 考察 / p33 (0021.jp2)
  14. 2.5 結言 / p41 (0025.jp2)
  15. 参考文献 / p42 (0026.jp2)
  16. 第3章 Mod.9Cr-1Mo鋼溶接継手のクリープ破断強度に及ぼす窒素量と熱処理条件の影響 / p43 (0026.jp2)
  17. 3.1 緒言 / p43 (0026.jp2)
  18. 3.2 実験方法 / p43 (0026.jp2)
  19. 3.3 実験結果 / p46 (0028.jp2)
  20. 3.4 考察 / p59 (0034.jp2)
  21. 3.5 結言 / p62 (0036.jp2)
  22. 参考文献 / p62 (0036.jp2)
  23. 第4章 ボイラ用12Cr鋼のクリープ破断強度に及ぼす合金元素および熱処理条件の影響 / p64 (0037.jp2)
  24. 4.1 緒言 / p64 (0037.jp2)
  25. 4.2 成分選定と実験方法 / p64 (0037.jp2)
  26. 4.3 実験結果 / p66 (0038.jp2)
  27. 4.4 考察 / p74 (0042.jp2)
  28. 4.5 結言 / p80 (0045.jp2)
  29. 参考文献 / p80 (0045.jp2)
  30. 第5章 ボイラ用12Cr鋼の溶接継手のクリープ破断強度とSCC特性 / p82 (0046.jp2)
  31. 5.1 緒言 / p82 (0046.jp2)
  32. 5.2 実験方法 / p82 (0046.jp2)
  33. 5.3 実験結果 / p86 (0048.jp2)
  34. 5.4 考察 / p96 (0053.jp2)
  35. 5.5 結言 / p100 (0055.jp2)
  36. 参考文献 / p100 (0055.jp2)
  37. 第6章 ボイラチューブの経年変化とクリープ損傷評価 / p102 (0056.jp2)
  38. 6.1 緒言 / p102 (0056.jp2)
  39. 6.2 実験方法 / p103 (0056.jp2)
  40. 6.3 実験結果と考察 / p104 (0057.jp2)
  41. 6.4 結言 / p124 (0067.jp2)
  42. 参考文献 / p125 (0067.jp2)
  43. 第7章 多軸応力下のクリープ挙動とクリープ損傷評価 / p127 (0068.jp2)
  44. 7.1 緒言 / p127 (0068.jp2)
  45. 7.2 実験方法 / p128 (0069.jp2)
  46. 7.3 実験結果 / p129 (0069.jp2)
  47. 7.4 考察 / p146 (0078.jp2)
  48. 7.5 結言 / p163 (0086.jp2)
  49. 参考文献 / p164 (0087.jp2)
  50. 第8章 総括 / p166 (0088.jp2)
  51. 本研究に関する主な投稿論文 / p169 (0089.jp2)
  52. 謝辞 / p171 (0090.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000077642
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000077845
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000241956
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ