ケイ素原子の機能を利用する有機合成 : 1,4-環状付加反応の開発とチオカルボニルイリドに関する研究

この論文をさがす

著者

    • 青野, 雅博 アオノ, マサヒロ

書誌事項

タイトル

ケイ素原子の機能を利用する有機合成 : 1,4-環状付加反応の開発とチオカルボニルイリドに関する研究

著者名

青野, 雅博

著者別名

アオノ, マサヒロ

学位授与大学

静岡薬科大学

取得学位

薬学博士

学位授与番号

甲第79号

学位授与年月日

1989-03-03

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0002.jp2)
  2. 序論 / p1 (0003.jp2)
  3. 第1章 1,4-環状付加反応の開発 / p3 (0004.jp2)
  4. 第2章 ハロゲン化シリルの脱離によるチオカルボニルイリドの生成とその応用 / p11 (0008.jp2)
  5. 第1節 2-トリメチルシリルテトラヒドロチオフェン誘導体の合成 / p13 (0009.jp2)
  6. 第2節 2-トリメチルシリルテトラヒドロチオフェン誘導体の脱シリル化反応とfragmentation / p18 (0012.jp2)
  7. 2-2-1 2-トリメチルシリルテトラヒドロチオフェン誘導体の脱シリル化反応 / p18 (0012.jp2)
  8. 2-2-2 2-トリメチルシリルテトラヒドロチオフェン誘導体のfragmentation / p20 (0013.jp2)
  9. 第3節 チオカルボニルイリドの1.3-双極子環状付加反応におけるケイ素原子の選択性に及ぼす新しい効果 / p23 (0014.jp2)
  10. 2-3-1 位置及び立体異性体の生成 / p23 (0014.jp2)
  11. 2-3-2 シリル基の選択性に及ぼす効果 / p27 (0016.jp2)
  12. 2-3-3 配向選択性に関するフロンティア分子軌道論的考察 / p28 (0017.jp2)
  13. 第3章 ジシロキサンの脱離によるチオカルボニルイリドの生成とその応用 / p32 (0019.jp2)
  14. 第1節 最も基本的なチオカルボニルイリドの生成とその1,3-双極子環状付加反応 / p33 (0019.jp2)
  15. 第2節 α-置換スルホキシドを用いる1,3-双極子環状付加反応とその選択性 / p37 (0021.jp2)
  16. 3-2-1 芳香族及び脂肪族アルデヒドS-メチリドの生成とその1,3-双極子環状付加反応 / p37 (0021.jp2)
  17. 3-2-2 位置及び立体異性体の生成 / p38 (0022.jp2)
  18. 第3節 チオケテンS-メチリドの生成とその1,3-双極子環状付加反応 / p44 (0025.jp2)
  19. 3-3-1 チオケテンS-メチリドの生成 / p44 (0025.jp2)
  20. 3-3-2 チオケテンS-メチリドの1,3-双極子環状付加反応 / p46 (0026.jp2)
  21. 3-3-2 phenylthioketene S-methylideとmethyl acrylateとの1,3-双極子環状付加反応の選択性 / p46 (0026.jp2)
  22. 第4章 trimethylsilylmethyl trifluoromethanesulfonateとチオカルボニル化合物によるチオカルボニルイリドの生成 / p52 (0029.jp2)
  23. 結論 / p58 (0032.jp2)
  24. 実験の部 / p62 (0034.jp2)
  25. 謝辞 / p81 (0043.jp2)
  26. 文献 / p82 (0044.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000077749
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000077952
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000242063
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ