金属薄肉素材の塑性加工における型なじみ機構に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 北澤, 君義 キタザワ, キミヨシ

書誌事項

タイトル

金属薄肉素材の塑性加工における型なじみ機構に関する研究

著者名

北澤, 君義

著者別名

キタザワ, キミヨシ

学位授与大学

東京都立大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第737号

学位授与年月日

1990-10-18

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0005.jp2)
  3. 1.1 背景 / p1 (0005.jp2)
  4. 1.2 目的 / p2 (0006.jp2)
  5. 1.3 方法 / p2 (0006.jp2)
  6. 1.4 期待される成果 / p6 (0008.jp2)
  7. 1.5 本論文の構成 / p6 (0008.jp2)
  8. (参考文献) / p8 (0009.jp2)
  9. 第2章 円管のカーリング変形機構 / p10 (0010.jp2)
  10. 2.1 緒言 / p10 (0010.jp2)
  11. 2.2 カーリング変形機構の実験的検討 / p10 (0010.jp2)
  12. 2.3 円管端末カーリング変形の解析 / p27 (0018.jp2)
  13. 2.4 円管のカーリング変形機構に関する総合考察 / p35 (0022.jp2)
  14. 2.5 結言 / p37 (0023.jp2)
  15. (参考文献) / p39 (0024.jp2)
  16. 第3章 円錐台殼の型面へのなじみ変形機構 / p40 (0025.jp2)
  17. 3.1 緒言 / p40 (0025.jp2)
  18. 3.2 円錐台殼のカーリング変形機構 / p41 (0025.jp2)
  19. 3.3 円錐台殼の円錐型面へのなじみ変形機構とその検証 / p56 (0033.jp2)
  20. 3.4 結言 / p74 (0042.jp2)
  21. (参考文献) / p75 (0042.jp2)
  22. 第4章 型なじみ不良現象の抑止法 / p76 (0043.jp2)
  23. 4.1 緒言 / p76 (0043.jp2)
  24. 4.2 プレス成形方式におけるなじみ変形機構の問題点とその原因 / p77 (0043.jp2)
  25. 4.3 揺動回転運動により形成される工具包絡面への円管端末のなじみ変形機構 / p92 (0051.jp2)
  26. 4.4 工具包絡面へのなじみ挙動と接触面積率の関係 / p111 (0060.jp2)
  27. 4.5 接触面積率によるプレス成形、揺動回転成形、スピニング成形の位置付けと比較 / p122 (0066.jp2)
  28. 4.6 結言 / p124 (0067.jp2)
  29. (参考文献) / p126 (0068.jp2)
  30. 第5章 多品種少量生産化を指向した揺動回転成形法 / p127 (0068.jp2)
  31. 5.1 緒言 / p127 (0068.jp2)
  32. 5.2 揺動回転成形法の提案 / p127 (0068.jp2)
  33. 5.3 円管の揺動回転成形 / p129 (0069.jp2)
  34. 5.4 薄板の揺動回転成形 / p144 (0077.jp2)
  35. 5.5 揺動回転成形法の可能性と今後の課題 / p147 (0078.jp2)
  36. 5.6 結言 / p153 (0081.jp2)
  37. (参考文献) / p153 (0081.jp2)
  38. 第6章 結論 / p154 (0082.jp2)
  39. 謝辞 / p157 (0083.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000077805
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000078008
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000242119
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ