障害をもつ子どもとその母親への臨床心理学的援助 : 特にダウン症乳幼児を中心に

この論文をさがす

著者

    • 田中, 千穂子, 1954- タナカ, チホコ

書誌事項

タイトル

障害をもつ子どもとその母親への臨床心理学的援助 : 特にダウン症乳幼児を中心に

著者名

田中, 千穂子, 1954-

著者別名

タナカ, チホコ

学位授与大学

東京都立大学

取得学位

文学博士

学位授与番号

乙第744号

学位授与年月日

1990-12-20

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p7 (0009.jp2)
  2. はじめに / p1 (0003.jp2)
  3. 1 問題 / p1 (0003.jp2)
  4. 2 発達援助の歴史 / p2 (0004.jp2)
  5. 3 本論文の構成と展開 / p5 (0007.jp2)
  6. 序論 / p10 (0012.jp2)
  7. 第1部 ダウン症候群の概略とダウン症児の発達に関する研究 / p11 (0013.jp2)
  8. 第1章 ダウン症候群とは / p11 (0013.jp2)
  9. 1-1 ダウン症候群の名称の推移 / p12 (0014.jp2)
  10. 1-2 ダウン症候群の出生と死に関する研究 / p13 (0015.jp2)
  11. 1-3 ダウン症候群の特徴に関する研究 / p17 (0019.jp2)
  12. 第2章 ダウン症児の発達に関する研究 / p22 (0024.jp2)
  13. 2-1 身体発達に関する研究 / p22 (0024.jp2)
  14. 2-2 言語発達に関する研究 / p26 (0028.jp2)
  15. 2-3 ダウン症児の知的発達に関する研究 / p29 (0031.jp2)
  16. 第2部 ダウン症児とその母親に対する臨床的援助に関する研究 / p38 (0040.jp2)
  17. 第1章 ダウン症児に対する早期対応の意義 / p38 (0040.jp2)
  18. 1-1『早期対応』という用語について / p38 (0040.jp2)
  19. 1-2『早期対応』の意味 / p40 (0042.jp2)
  20. 第2章 発達援助に関する実践とその成果 / p43 (0045.jp2)
  21. 2-1 ワシントン大学プログラムによる実践 / p44 (0046.jp2)
  22. 2-2 ポーテージ・プログラムによる実践 / p48 (0050.jp2)
  23. 2-3 その他のプログラムによる実践 / p50 (0052.jp2)
  24. 2-4 福岡教育大学におけるワシントン大学プログラムによる実践 / p55 (0057.jp2)
  25. 2-5 学芸大学におけるポーテージ・プログラムによる実践 / p58 (0060.jp2)
  26. 2-6 北九州総合センターにおける神経生理学的方法による実践 / p60 (0062.jp2)
  27. 2-7 筑波大学における筑波大学プログラムによる実践 / p64 (0066.jp2)
  28. 2-8 先行研究の問題とその解決の方向 / p67 (0069.jp2)
  29. 第3章 母子相互作用の活性化に関する研究 / p70 (0072.jp2)
  30. 3-1 Bromwich.R.M.(1990)の相互作用的アプローチ / p70 (0072.jp2)
  31. 3-2 母子相互作用の活性化に関して / p72 (0074.jp2)
  32. 第4章 母親の心理的変容過程に関する研究 / p74 (0076.jp2)
  33. 4-1 診断告知をめぐる状況に関する研究 / p74 (0076.jp2)
  34. 4-2 母親が子どもの障害を受容する過程に関する研究 / p76 (0078.jp2)
  35. 4-3 障害児の母親をとりまくわが国の社会的・文化的特徴について / p79 (0081.jp2)
  36. 本論 / p82 (0084.jp2)
  37. 第1部 ダウン症乳幼児に対する援助の方法について / p83 (0085.jp2)
  38. 第1章 早期対応プログラム / p83 (0085.jp2)
  39. 第2章 ダウン症児の精神発達に関する研究-知的発達を中心に- / p87 (0089.jp2)
  40. はじめに / p87 (0089.jp2)
  41. 2-1 MCCベビーテストによる乳幼児期の知的発達の分析(研究1) / p87 (0089.jp2)
  42. 2-2 事例による乳幼児期の精神発達の分析(研究2) / p121 (0123.jp2)
  43. 2-3 知的発達と早期対応(研究3) / p132 (0134.jp2)
  44. 2-4 第2章の要約 / p141 (0143.jp2)
  45. 第3章 母子相互作用の活性化に関する研究 / p144 (0146.jp2)
  46. はじめに / p144 (0146.jp2)
  47. 3-1 母子相互作用の観点からの分析(研究4) / p145 (0147.jp2)
  48. 3-2 母子相互作用の障害とその修復過程の分析(研究5) / p182 (0188.jp2)
  49. 3-3 第3章の要約 / p200 (0206.jp2)
  50. 第4章 母親の心理的変容過程とその援助に関する研究-子どもの障害を受容する視点から- / p202 (0208.jp2)
  51. はじめに / p202 (0208.jp2)
  52. 4-1 母親の心理的変容過程の分析(Retrospective Approach)(研究6) / p203 (0209.jp2)
  53. 4-2 衝撃的体験に対する援助の課題を解明するために(研究7) / p218 (0228.jp2)
  54. 4-3 心理的変容過程の日本的特徴について(研究8) / p240 (0250.jp2)
  55. 4-4 第4章の要約 / p249 (0259.jp2)
  56. 結論 / p251 (0261.jp2)
  57. 1 本研究の独自性について / p252 (0262.jp2)
  58. 2 本研究で見出されたこと / p254 (0264.jp2)
  59. おわりに / p259 (0269.jp2)
  60. 引用文献 / p261 (0271.jp2)
5アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000077812
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000998610
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000242126
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ