酸化カルシウム基複合酸化物と溶融スラグの熱力学的研究

この論文をさがす

著者

    • 田辺, 潤 タナベ, ジュン

書誌事項

タイトル

酸化カルシウム基複合酸化物と溶融スラグの熱力学的研究

著者名

田辺, 潤

著者別名

タナベ, ジュン

学位授与大学

東京工業大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

甲第2252号

学位授与年月日

1991-03-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0002.jp2)
  2. -目次- / p1 (0004.jp2)
  3. 第1章 緒論 / p1 (0013.jp2)
  4. 1-1.緒言 / p1 (0013.jp2)
  5. 1-2.高清浄鋼中の介在物生成機構およびその熱力学的,速度論的研究の現状 / p7 (0019.jp2)
  6. 1-3.従来の酸化カルシウム基複合酸化物と溶融スラグの熱力学的研究 / p12 (0024.jp2)
  7. 1-5.木研究の目的 / p27 (0039.jp2)
  8. 1-6.本研究の構成 / p29 (0041.jp2)
  9. 参考文献 / p31 (0043.jp2)
  10. 第2章 4CaO・P₂O₅化合物のイオン伝導機構 / p34 (0046.jp2)
  11. 2-1.緒言 / p34 (0046.jp2)
  12. 2-2.実験方法 / p36 (0048.jp2)
  13. 2-3.実験結果 / p43 (0055.jp2)
  14. 2-4.考察 / p49 (0061.jp2)
  15. 2-5.結言 / p56 (0068.jp2)
  16. 参考文献 / p58 (0070.jp2)
  17. 第3章 CaO-Al₂O₃系複合酸化物の生成反応の標準自由エネルギー変化と成分酸化物の活量 / p59 (0071.jp2)
  18. 3-1.緒言 / p59 (0071.jp2)
  19. 3-2.実験方法 / p60 (0072.jp2)
  20. 3-3.実験結果 / p65 (0077.jp2)
  21. 3-4.考察 / p71 (0083.jp2)
  22. 3-5.結言 / p92 (0104.jp2)
  23. 参考文献 / p93 (0105.jp2)
  24. 第4章 溶融CaO-A₂O₃系スラグ中の成分酸化物の活量 / p95 (0107.jp2)
  25. 4-1.緒言 / p95 (0107.jp2)
  26. 4-2.実験方法 / p96 (0108.jp2)
  27. 4-3.実験結果 / p98 (0110.jp2)
  28. 4-4.考察 / p104 (0116.jp2)
  29. 4-5.結言 / p112 (0124.jp2)
  30. 参考文献 / p113 (0125.jp2)
  31. 第5章 CaO-ZrO₂系複合酸化物の生成反応の標準自由エネルギー変化と成分酸化物の活量 / p114 (0126.jp2)
  32. 5-1.緒言 / p114 (0126.jp2)
  33. 5-2.実験方法 / p117 (0129.jp2)
  34. 5-3.実験結果 / p118 (0130.jp2)
  35. 5-4.考察 / p120 (0132.jp2)
  36. 5-5.結言 / p134 (0147.jp2)
  37. 参考文献 / p139 (0152.jp2)
  38. 第6章 CaO-TiO₂系複合酸化物の生成反応の標準自由エネルギー変化と成分酸化物の活量 / p140 (0153.jp2)
  39. 6-1.緒言 / p140 (0153.jp2)
  40. 6-2.実験方法 / p142 (0155.jp2)
  41. 6-3.実験結果 / p144 (0157.jp2)
  42. 6-4.考察 / p149 (0162.jp2)
  43. 6-5.結言 / p163 (0176.jp2)
  44. 参考文献 / p164 (0177.jp2)
  45. 第7章 Al-Ca-Zr脱酸における非金属介在物の生成機構に関する熱力学的考察 / p165 (0178.jp2)
  46. 7-1.緒言 / p165 (0178.jp2)
  47. 7-2.実験方法 / p165 (0178.jp2)
  48. 7-3.実験結果 / p166 (0179.jp2)
  49. 7-4.考察 / p166 (0179.jp2)
  50. 7-5.結言 / p186 (0199.jp2)
  51. 参考文献 / p187 (0200.jp2)
  52. 第8章 結論 / p188 (0201.jp2)
  53. 8-1.本研究のまとめ / p188 (0201.jp2)
  54. 8-2.今後の研究 / p191 (0204.jp2)
  55. 参考文献 / p193 (0206.jp2)
  56. 謝辞 / p194 (0207.jp2)
  57. 発表論文 / p197 (0210.jp2)
  58. Appendix / p200 (0213.jp2)
  59. A-1.本研究で得られた第3章から第6章までの起電力と温度の測定値 / p200 (0213.jp2)
  60. A-2.第4章におけるAl₂O₃の活量および第5章におけるZr0₂の活量の求める方法 / p215 (0228.jp2)
  61. A-3.4CaO・P₂0₅の輸率の決定方法 / p219 (0232.jp2)
  62. Figure Caption / p221 (0234.jp2)
3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000077927
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000078131
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000242241
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ