ベンゼン分子構造論史 : 芳香族セクステット説とヒュッケル則

この論文をさがす

著者

    • 菊地, 重秋 キクチ, シゲアキ

書誌事項

タイトル

ベンゼン分子構造論史 : 芳香族セクステット説とヒュッケル則

著者名

菊地, 重秋

著者別名

キクチ, シゲアキ

学位授与大学

東京工業大学

取得学位

学術博士

学位授与番号

甲第2307号

学位授与年月日

1991-03-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0002.jp2)
  2. 目次 / p2 (0004.jp2)
  3. 第1章 先行研究と問題提起 / p2 (0010.jp2)
  4. 1.はじめに / p2 (0010.jp2)
  5. 2.先行研究 / p3 (0011.jp2)
  6. 3.問題提起 / p5 (0013.jp2)
  7. 文献と注 / p7 (0015.jp2)
  8. 第2章 芳香族セクステット説の萌芽とエックス線による分子骨格の解明 / p11 (0019.jp2)
  9. 1.はじめに / p11 (0019.jp2)
  10. 2.古典的段階におけるベンゼン分子構造論の困難-慣用式の表現力の限界- / p12 (0020.jp2)
  11. 3.エックス線によるベンゼン分子骨格の解明 / p17 (0025.jp2)
  12. 4.まとめ / p20 (0028.jp2)
  13. 文献と注 / p20 (0028.jp2)
  14. 第3章 ベンゼン電子式の発展-芳香族セクステット説の提唱- / p22 (0030.jp2)
  15. 1.はじめに / p22 (0030.jp2)
  16. 2.イオン結合型ベンゼン雪子式 / p23 (0031.jp2)
  17. 3.四面体モデル適用型ベンゼン電子式 / p25 (0033.jp2)
  18. 4.3電子結合型ベンゼン電子式 / p27 (0035.jp2)
  19. 5.芳香族セクステット型ベンゼン電子式 / p30 (0038.jp2)
  20. 6.まとめ / p37 (0045.jp2)
  21. 文献と注 / p38 (0046.jp2)
  22. 第4章 ベンゼン問題の量子化学的研究-ヒュッケル則の提唱- / p44 (0052.jp2)
  23. 1.はじめに / p44 (0052.jp2)
  24. 2.Hückel以前の研究 / p45 (0053.jp2)
  25. 3.Hückelによるベンゼン問題の量子化学的研究-ヒュッケル則の提唱- / p47 (0055.jp2)
  26. 4.Paulingによるベンゼン問題の量子化学的研究-共鳴理論- / p50 (0058.jp2)
  27. 5.その後の研究、特にPenneyにおける進展 / p51 (0059.jp2)
  28. 6.Hückelの議論の変化-芳香族セクステット説の後退- / p53 (0061.jp2)
  29. 7.まとめ / p56 (0064.jp2)
  30. 文献と注 / p57 (0065.jp2)
  31. 第5章 芳香族セクステット説の評価の低下 / p62 (0070.jp2)
  32. 1.はじめに / p62 (0070.jp2)
  33. 2.RobinsonとIngoldの置換反応の電子説的解釈 / p62 (0070.jp2)
  34. 3.Hückelの誘起分極の量子化学的研究と置換反応についての仮説 / p68 (0076.jp2)
  35. 4.RobinsonとHückelの間の論争 / p69 (0077.jp2)
  36. 5.Robinsonの転換-芳香族セクステット説からKekulé式ヘ- / p71 (0079.jp2)
  37. 6.Ingoldの芳香族セクステット説批判 / p74 (0082.jp2)
  38. 7.WhelandとPaulingの量子化学的議論とそれに対するHückelの批判 / p76 (0084.jp2)
  39. 8.まとめ / p78 (0086.jp2)
  40. 文献と注 / p80 (0088.jp2)
  41. 第6章 芳香族7員環化合物の研究と芳香族セクステット説の復活 / p83 (0091.jp2)
  42. 1.はじめに / p83 (0091.jp2)
  43. 2.発端-Dewarによるトロポロン構造仮説の提唱- / p84 (0092.jp2)
  44. 3.芳香族7員環化合物の基本構造についての研究の進展 / p85 (0093.jp2)
  45. 4.トロピリウム・カチオンの合成の影響-芳香族セクステット説の再評価- / p93 (0101.jp2)
  46. 5.まとめ / p94 (0102.jp2)
  47. 文献と注 / p94 (0102.jp2)
  48. 第7章 野副鉄男氏の初期ヒノキチオール研究 / p100 (0108.jp2)
  49. 1.はじめに / p100 (0108.jp2)
  50. 2.天然物研究の一つとしてのヒノキ油成分研究から出発 / p100 (0108.jp2)
  51. 3.ヒノキチオールの発見 / p100 (0108.jp2)
  52. 4.解明しがたいヒノキチオールの構造 / p101 (0109.jp2)
  53. 5.共鳴概念(メソメリー概念)と水素結合 / p102 (0110.jp2)
  54. 6.野副氏の三つの構造仮説 / p103 (0111.jp2)
  55. 7.国内の物理化学者の協力を得て重要な進展 / p104 (0112.jp2)
  56. 8.トロポンの合成から反応研究へ / p106 (0114.jp2)
  57. 9.まとめ / p107 (0115.jp2)
  58. 文献と注 / p107 (0115.jp2)
  59. 第8章 まとめと結論 / p110 (0118.jp2)
  60. 謝辞 / p112 (0120.jp2)
  61. 引用および参照文献一覧 / p113 (0121.jp2)
  62. 論文・学会発表等一覧 / p125 (0133.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000077982
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000078186
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000242296
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ