溶融硝酸リチウムの向流電気泳動による[6]Liの高濃縮

この論文をさがす

著者

    • 榛原, 照男 ハイバラ, テルオ

書誌事項

タイトル

溶融硝酸リチウムの向流電気泳動による[6]Liの高濃縮

著者名

榛原, 照男

著者別名

ハイバラ, テルオ

学位授与大学

東京工業大学

取得学位

理学博士

学位授与番号

甲第2327号

学位授与年月日

1991-03-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0002.jp2)
  2. 目次 / (0004.jp2)
  3. 第1章 序論 / p1 (0007.jp2)
  4. 1.1 緒言 / p1 (0007.jp2)
  5. 1.2 電気泳動による同位体濃縮の歴史 / p2 (0008.jp2)
  6. 1.3 溶融塩の向流電気泳動による同位体濃縮 / p5 (0011.jp2)
  7. 1.4 溶融硝酸リチウムー硝酸アンモニウムの境界面における⁶Liの濃縮 / p9 (0015.jp2)
  8. 1.5 本研究の目的 / p16 (0022.jp2)
  9. 参考文献 / p18 (0024.jp2)
  10. 第2章 溶融硝酸リチウム、硝酸ナトリウム、硝酸アンモニウム混合系などにおけるChemla効果 / p22 (0028.jp2)
  11. 2.1 Chem1a効果 / p22 (0028.jp2)
  12. 2.2 溶融硝酸ナトリウム-硝酸アンモニウム系の内部移動度 / p24 (0030.jp2)
  13. 2.3 考察 / p43 (0049.jp2)
  14. 参考文献 / p49 (0055.jp2)
  15. 第3章 溶融硝酸リチウム―硝酸カリウム混合塩を用いた⁶Liの濃縮 / p51 (0057.jp2)
  16. 3.1 ⁶Liの濃縮 / p51 (0057.jp2)
  17. 3.2 混合塩の電気泳動における同位体の異常分布 / p65 (0071.jp2)
  18. 参考文献 / p76 (0082.jp2)
  19. 第4章 濃縮⁶Liの連続採取法 / p77 (0083.jp2)
  20. 4.1 目的 / p77 (0083.jp2)
  21. 4.2 実験 / p78 (0084.jp2)
  22. 4.3 結果と考察 / p80 (0086.jp2)
  23. 参考文献 / p88 (0094.jp2)
  24. 第5章 溶融硝酸リチウムを用いた⁶Liの高濃縮 / p89 (0095.jp2)
  25. 5.1 目的 / p89 (0095.jp2)
  26. 5.2 実験 / p91 (0097.jp2)
  27. 5.3 結果と考察 / p95 (0101.jp2)
  28. 5.4 計算機シミュレーション / p108 (0114.jp2)
  29. 参考文献 / p117 (0123.jp2)
  30. 第6章 結論 / p119 (0125.jp2)
  31. 発表論文リスト / p123 (0129.jp2)
  32. 謝辞 / p125 (0131.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000078002
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000078206
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000242316
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ