L1[2]型金属間化合物Ni[3]Alの高温クリープ特性

この論文をさがす

著者

    • 林, 透 ハヤシ, トオル

書誌事項

タイトル

L1[2]型金属間化合物Ni[3]Alの高温クリープ特性

著者名

林, 透

著者別名

ハヤシ, トオル

学位授与大学

東京工業大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

甲第2340号

学位授与年月日

1991-03-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0002.jp2)
  2. 目次 / (0004.jp2)
  3. 第1章 緒論 / p1 (0009.jp2)
  4. 1-1 本研究の背景 / p1 (0009.jp2)
  5. 1-2 本研究の目的と本論文の構成 / p8 (0016.jp2)
  6. 第1章参考文献 / p10 (0018.jp2)
  7. 第2章 圧縮クリープ試験装置 / p12 (0020.jp2)
  8. 2-1 緒言 / p12 (0020.jp2)
  9. 2-2 1号機の設計製作 / p13 (0021.jp2)
  10. 2-3 改良型2号機ならびに3号機 / p25 (0033.jp2)
  11. 2-4 クリープ試験機の総合評価 / p39 (0047.jp2)
  12. 第3章 2元系Ni₃Alの高温クリープ特性 / p43 (0051.jp2)
  13. 3-1 緒言 / p43 (0051.jp2)
  14. 3-2 実験方法 / p44 (0052.jp2)
  15. 3-3 実験結果ならびに考察 / p45 (0053.jp2)
  16. 3-4 結言 / p56 (0064.jp2)
  17. 第3章参考文献 / p57 (0065.jp2)
  18. 第4章 3元系Ni₃Al+X金属間化合物のクリープ特性に及ぼす非化学量論組成の影響 / p58 (0066.jp2)
  19. 4-1 緒言 / p58 (0066.jp2)
  20. 4-2 実験方法 / p61 (0069.jp2)
  21. 4-3 実験結果 / p65 (0073.jp2)
  22. 4-4 考察 / p99 (0107.jp2)
  23. 5 結言 / p112 (0120.jp2)
  24. 第4章参考文献 / p114 (0122.jp2)
  25. 第5章 Ni₃Al+X単結晶の高温クリープ挙動 / p115 (0123.jp2)
  26. 5-1 緒言 / p115 (0123.jp2)
  27. 5-2 実験方法 / p117 (0125.jp2)
  28. 5-3 実験結果および考察 / p128 (0136.jp2)
  29. 5-4 結言 / p154 (0162.jp2)
  30. 第5章参考文献 / p157 (0165.jp2)
  31. 第6章 化学量論組成近傍でのクリープ強度変化因子 / p159 (0167.jp2)
  32. 6-1 緒言 / p159 (0167.jp2)
  33. 6-2 強さの正の温度依存性の発現する領域での変形との関連 / p160 (0168.jp2)
  34. 6-3 [化学式]温度以上での定ひずみ速度圧縮変形との関係 / p165 (0173.jp2)
  35. 6-4 APB draggingの可能性と問題点 / p174 (0182.jp2)
  36. 6-5 Ni₃Al合金中での原子拡散 / p177 (0185.jp2)
  37. 6-6 結言 / p201 (0209.jp2)
  38. 第6章参考文献 / p203 (0211.jp2)
  39. 第7章 結論 / p205 (0213.jp2)
  40. 謝辞 / p208 (0216.jp2)
  41. APPENDIX 1 / p210 (0218.jp2)
  42. APPENDIX 2 / p211 (0219.jp2)
  43. APPENDIX 3 / p214 (0222.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000078015
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000078219
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000242329
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ