融体超急冷法によるBi系高温超伝導酸化物厚膜の作製

この論文をさがす

著者

    • 成, 台鉉 ソン, テヒョン

書誌事項

タイトル

融体超急冷法によるBi系高温超伝導酸化物厚膜の作製

著者名

成, 台鉉

著者別名

ソン, テヒョン

学位授与大学

東京工業大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

甲第2343号

学位授与年月日

1991-03-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0002.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0012.jp2)
  3. 1-1 緒言 / p1 (0012.jp2)
  4. 1-2 本論文の目的と意義 / p4 (0015.jp2)
  5. 1-3 既往の研究 / p6 (0017.jp2)
  6. 1-4 本論文の構成 / p20 (0031.jp2)
  7. 参考文献 / p22 (0033.jp2)
  8. 第2章 Bi-Sr-Ca-Cu-O系の融体超急冷非晶質体の作製とそのキャラクタリゼーション / p48 (0059.jp2)
  9. 2-1 緒言 / p48 (0059.jp2)
  10. 2-2 EXAFS解析法 / p50 (0061.jp2)
  11. 2-3 実験方法 / p54 (0065.jp2)
  12. 2-4 実験結果と考察 / p58 (0069.jp2)
  13. 2-5 まとめ / p63 (0074.jp2)
  14. 参考文献 / p64 (0075.jp2)
  15. 第3章 融体超急冷試料Bi-Sr-Ca-Cu-O系からの高温超伝導酸化物の結晶化過程 / p81 (0092.jp2)
  16. 3-1 緒言 / p81 (0092.jp2)
  17. 3-2 実験方法 / p83 (0094.jp2)
  18. 3-3 実験結果と考察 / p84 (0095.jp2)
  19. 3-4 まとめ / p90 (0101.jp2)
  20. 参考文献 / p91 (0102.jp2)
  21. 第4章 融体超急冷法により作製したBi₂Sr₂[化学式][化学式]Cu₃[化学式]系の超伝導特性 / p118 (0129.jp2)
  22. 4-1 緒言 / p118 (0129.jp2)
  23. 4-2 実験方法 / p120 (0131.jp2)
  24. 4-3 結晶化過程についての検討 / p121 (0132.jp2)
  25. 4-4 配向機構についての考察 / p125 (0136.jp2)
  26. 4-5 まとめ / p129 (0140.jp2)
  27. 参考文献 / p130 (0141.jp2)
  28. 第5章 CuOを含まない融体超急冷膜とCu基板との直接反応によるBi系超伝導酸化物厚膜の急速合成 / p157 (0168.jp2)
  29. 5-1 緒言 / p157 (0168.jp2)
  30. 5-2 実験方法 / p159 (0170.jp2)
  31. 5-3 実験結果と考察 / p161 (0172.jp2)
  32. 5-4 まとめ / p167 (0178.jp2)
  33. 参考文献 / p168 (0179.jp2)
  34. 第6章 総括 / p198 (0209.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000078018
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000078222
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000242332
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ