差分作用素および反復行列に基づく熱流動の差分解法に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 冨山, 明男 トミヤマ, アキオ

書誌事項

タイトル

差分作用素および反復行列に基づく熱流動の差分解法に関する研究

著者名

冨山, 明男

著者別名

トミヤマ, アキオ

学位授与大学

東京工業大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第2113号

学位授与年月日

1990-10-31

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0002.jp2)
  2. 【目次】 / p1 (0006.jp2)
  3. 第1章 序論 / p1 (0015.jp2)
  4. 1.1 本研究の背景 / p1 (0015.jp2)
  5. 1.2 従来の研究と問題点 / p3 (0017.jp2)
  6. 1.3 本研究の目的と方法 / p10 (0024.jp2)
  7. (第1章の参考文献) / p13 (0027.jp2)
  8. 第2章 Poisson方程式の定常線形反復解法の反復収束に及ぼす境界条件の影響 / p16 (0030.jp2)
  9. 2.1 緒言 / p16 (0030.jp2)
  10. 2.2 線形反復法の収束に関する数学的基礎 / p16 (0030.jp2)
  11. 2.3 Jacobi法のスペクトル半径 / p19 (0033.jp2)
  12. 2.4 Neumann問題における反復の収束 / p26 (0040.jp2)
  13. 2.5 種々の定常線形反復法のスペクトル半径の導出 / p30 (0044.jp2)
  14. 2.6 三次元問題における線形反復法の効率に関する理論的検討 / p34 (0048.jp2)
  15. 2.7 種々の境界条件に関する数値実験 / p38 (0052.jp2)
  16. 2.8 第2章の結論 / p41 (0055.jp2)
  17. (第2章の参考文献、図表) / p43 (0057.jp2)
  18. 第3章 対流項の高次差分法の数値的安定性,数値振動に関する考察 / p51 (0065.jp2)
  19. 3.1 緒言 / p51 (0065.jp2)
  20. 3.2 差分解の安定性のもつ2つの側面 / p52 (0066.jp2)
  21. 3.3 高次差分法の数値的安定性の評価 / p59 (0073.jp2)
  22. 3.4 差分解の数値振動と空間差分作用素の固有値 / p63 (0077.jp2)
  23. 3.5 移動方程式における連続系の固有値と離散系の固有値の対応関係 / p67 (0081.jp2)
  24. 3.6 第3章の結論 / p73 (0087.jp2)
  25. (第3章の参考文献,図表) / p75 (0089.jp2)
  26. 第4章 陰解法における反復解法の収束性の考察 / p84 (0098.jp2)
  27. 4.1 緒言 / p84 (0098.jp2)
  28. 4.2 線形移動方程式における反復法の収束 / p85 (0099.jp2)
  29. 4.3 Burgers方程式における非線形反復法の収束 / p91 (0105.jp2)
  30. 4.4 非粘性圧縮性流れ解析 / p95 (0109.jp2)
  31. 4.5 第4章の結論 / p101 (0115.jp2)
  32. (第4章の参考文献、図表) / p103 (0117.jp2)
  33. 第5章 気液二相流解析における反復解法の収束性に関する考察 / p110 (0124.jp2)
  34. 5.1 緒言 / p110 (0124.jp2)
  35. 5.2 基礎式と数値解法 / p111 (0125.jp2)
  36. 5.3 原型計算 / p117 (0131.jp2)
  37. 5.4 構成方程式が反復収束に及ぼす影響 / p120 (0134.jp2)
  38. 5.5 第5章の結論 / p127 (0141.jp2)
  39. (第5章の参考文献、図表) / p129 (0143.jp2)
  40. 第6章 結論 / p138 (0152.jp2)
  41. 謝辞 / p143 (0157.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000078100
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000078304
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000242414
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ