印刷プロセスでのインキ/水およびインキ/紙の界面に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 田中, 恒雄 タナカ, ツネオ

書誌事項

タイトル

印刷プロセスでのインキ/水およびインキ/紙の界面に関する研究

著者名

田中, 恒雄

著者別名

タナカ, ツネオ

学位授与大学

東京工業大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第2136号

学位授与年月日

1990-12-31

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0002.jp2)
  2. 目次 / (0017.jp2)
  3. 第1章 序論 / p1 (0020.jp2)
  4. 1.1 本研究の目的 / p1 (0020.jp2)
  5. 1.2 研究の概要 / p4 (0022.jp2)
  6. 1.3 従来の研究 / p10 (0025.jp2)
  7. (1)参照文献 / p18 (0029.jp2)
  8. 第2章 気泡容量法による界面活性剤溶液の動的表面張力 / p23 (0032.jp2)
  9. 2.1 緒言 / p23 (0032.jp2)
  10. 2.2 実験方法 / p24 (0033.jp2)
  11. 2.3 実験結果と動的表面張力の導出 / p27 (0034.jp2)
  12. 2.4 気泡成長時間と印刷プロセスの関係 / p35 (0038.jp2)
  13. 2.5 結言 / p37 (0039.jp2)
  14. (2)参照文献 / p39 (0040.jp2)
  15. 第3章 動的表面張力による吸着機構の解析 / p41 (0042.jp2)
  16. 3.1 緒言 / p41 (0042.jp2)
  17. 3.2 吸着機構の解析 / p41 (0042.jp2)
  18. 3.4 結言 / p57 (0050.jp2)
  19. (3)参照文献 / p58 (0051.jp2)
  20. 第4章 不可逆過程熱力学の動的表面張力への応用 / p59 (0052.jp2)
  21. 4.1 緒言 / p59 (0052.jp2)
  22. 4.2 理論 / p59 (0052.jp2)
  23. 4.3 実験結果への理論の応用 / p63 (0054.jp2)
  24. 4.4 結言 / p72 (0059.jp2)
  25. (4)参照文献 / p73 (0059.jp2)
  26. 第5章 濡れ粗面の光沢 / p75 (0061.jp2)
  27. 5.1 緒言 / p75 (0061.jp2)
  28. 5.2 実験方法 / p75 (0061.jp2)
  29. 5.3 実験結果 / p76 (0062.jp2)
  30. 5.4 理論的考察 / p78 (0063.jp2)
  31. 5.5 結果の論議 / p83 (0065.jp2)
  32. 5.6 結言 / p86 (0067.jp2)
  33. (5)参照文献 / p87 (0067.jp2)
  34. 第6章 紙等多孔体の液体浸透による光学的性質の変化 / p89 (0069.jp2)
  35. 6.1 緒言 / p89 (0069.jp2)
  36. 6.2 実験装置および方法 / p89 (0069.jp2)
  37. 6.3 実験結果 / p91 (0070.jp2)
  38. 6.4 理論的考察 / p92 (0071.jp2)
  39. 6.5 結果の論議 / p97 (0073.jp2)
  40. 6.6 結言 / p100 (0075.jp2)
  41. (6)参照文献 / p101 (0075.jp2)
  42. 第7章 酸化重合型インキ膜のセット性とその定量的評価 / p103 (0077.jp2)
  43. 7.1 緒言 / p103 (0077.jp2)
  44. 7.2 実験方法 / p103 (0077.jp2)
  45. 7.3 実験結果および考察 / p105 (0078.jp2)
  46. 7.4 結言 / p111 (0081.jp2)
  47. (7)参照文献 / p112 (0082.jp2)
  48. 第8章 紙むけ特性の測定 / p113 (0083.jp2)
  49. 8.1 緒言 / p113 (0083.jp2)
  50. 8.2 実験装置および方法 / p113 (0083.jp2)
  51. 8.3 実験結果 / p115 (0084.jp2)
  52. 8.4 結果の論議 / p118 (0086.jp2)
  53. 8.5 結言 / p124 (0089.jp2)
  54. (8)参照文献 / p125 (0089.jp2)
  55. 第9章 新規な変調方式による画像の印刷特性とその応用 / p127 (0091.jp2)
  56. 9.1 緒言 / p127 (0091.jp2)
  57. 9.2 結像面スペックルによる画像変調 / p128 (0092.jp2)
  58. 9.3 結像面スペックル統計 / p129 (0092.jp2)
  59. 9.4 スペックルによる変調画像の階調再現特性 / p134 (0095.jp2)
  60. 9.5 数値計算例と実験結果の考察 / p137 (0096.jp2)
  61. 9.6 版材の表面形状と画像再現特性 / p139 (0097.jp2)
  62. 9.7 結言 / p145 (0100.jp2)
  63. (9)参照文献 / p146 (0101.jp2)
  64. 第10章 結論 / p147 (0102.jp2)
  65. 謝辞 / p153 (0105.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000078123
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000078327
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000242437
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ