高温高圧管路系機器に於ける二相流特性とボイド率計測に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 奈良林, 直 ナラバヤシ, タダシ

書誌事項

タイトル

高温高圧管路系機器に於ける二相流特性とボイド率計測に関する研究

著者名

奈良林, 直

著者別名

ナラバヤシ, タダシ

学位授与大学

東京工業大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第2196号

学位授与年月日

1991-03-31

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0002.jp2)
  2. 目次 / p1 (0004.jp2)
  3. 第1章 緒論 / p1 (0018.jp2)
  4. 1.1 はじめに / p1 (0018.jp2)
  5. 1.2 従来の研究 / p4 (0021.jp2)
  6. 1.3 本研究の目的 / p9 (0026.jp2)
  7. 1.4 本研究の概要 / p11 (0028.jp2)
  8. 第2章 X線ボイド率計の開発 / p14 (0032.jp2)
  9. 2.1 はじめに / p14 (0032.jp2)
  10. 2.2 X線ボイド率計の測定原理と測定誤差の検討 / p20 (0038.jp2)
  11. 2.3 X線ビームのスキャン法の開発 / p31 (0048.jp2)
  12. 2.4 ボイド率とクオリティの同時測定法の開発 / p51 (0068.jp2)
  13. 2.5 本章の結論 / p58 (0075.jp2)
  14. 第3章 高圧管内二相流の流動様式 / p59 (0077.jp2)
  15. 3.1 はじめに / p59 (0077.jp2)
  16. 3.2 流動様式線図 / p63 (0081.jp2)
  17. 3.3 管内二相流実験装置 / p82 (0100.jp2)
  18. 3.4 管内二相流の流動様式の測定 / p87 (0105.jp2)
  19. 3.5 二相臨界流の流れの構造 / p108 (0126.jp2)
  20. 3.6 管内二相臨界流の実験解析 / p121 (0139.jp2)
  21. 3.7 本章の結論 / p143 (0161.jp2)
  22. 第4章 バルブの高圧二相流特性 / p145 (0164.jp2)
  23. 4.1 はじめに / p145 (0164.jp2)
  24. 4.2 逃がし安全弁の解析モデル / p148 (0167.jp2)
  25. 4.3 実験装置 / p151 (0170.jp2)
  26. 4.4 実験結果 / p158 (0177.jp2)
  27. 4.5 実験結果と解析結果の比較 / p166 (0185.jp2)
  28. 4.6 本章の結論 / p169 (0188.jp2)
  29. 第5章 ポンプの高圧二相流特性 / p170 (0190.jp2)
  30. 5.1 はじめに / p170 (0190.jp2)
  31. 5.2 ポンプの二相流特性曲線 / p173 (0193.jp2)
  32. 5.3 実験装置 / p179 (0199.jp2)
  33. 5.4 実験結果 / p186 (0206.jp2)
  34. 5.5 ポンプと管路系の挙動解析 / p193 (0213.jp2)
  35. 5.6 本章の結論 / p198 (0218.jp2)
  36. 第6章 結論 / p199 (0220.jp2)
  37. 謝辞 / p203 (0225.jp2)
  38. 参考文献 / p204 (0227.jp2)
  39. 記号表 / p212 (0236.jp2)
  40. 添付A TRACコードによるSR弁内流動解析 / p216 (0241.jp2)
  41. 添付B TRACコードによる再循環配管圧力分布解析 / p222 (0248.jp2)
  42. 添付C プラント管路系機器流動特性評価支援(CAE)システムの概要 / p229 (0256.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000078183
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000078387
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000242497
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ