現代中国相続法の原理

この論文をさがす

著者

    • 鈴木, 賢, 1960- スズキ, ケン

書誌事項

タイトル

現代中国相続法の原理

著者名

鈴木, 賢, 1960-

著者別名

スズキ, ケン

学位授与大学

北海道大学

取得学位

法学博士

学位授与番号

甲第2953号

学位授与年月日

1991-06-28

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. はじめに / p1 (0007.jp2)
  3. 一、本稿の課題 / p1 (0007.jp2)
  4. 二、本研究の意義 / p5 (0011.jp2)
  5. 第一章 相続法理論の展開と現行相続法制の確立 / p10 (0016.jp2)
  6. 第一節 相続の理論・根拠・原則 / p10 (0016.jp2)
  7. 一、社会主義相続法としての理論 / p10 (0016.jp2)
  8. 二、相続法の原則 / p14 (0020.jp2)
  9. 第二節 相続法の法源形成 / p24 (0030.jp2)
  10. 一、建国前の相続法規 / p25 (0031.jp2)
  11. 二、建国から八五年相続法までの相続法規 / p27 (0033.jp2)
  12. 三、八五年相続法の制定 / p32 (0038.jp2)
  13. 第二章 相続財産 / p35 (0041.jp2)
  14. 第一節 個人財産と家族財産 / p35 (0041.jp2)
  15. 一、相続の対象となる個人財産の概況 / p35 (0041.jp2)
  16. 二、相続と「析産」 / p38 (0044.jp2)
  17. 第二節 おもな積極財産 / p44 (0050.jp2)
  18. 一、住宅 / p44 (0050.jp2)
  19. 二、生産手段 / p48 (0054.jp2)
  20. 三、特殊な権利 / p50 (0056.jp2)
  21. 第三節 債務 / p54 (0060.jp2)
  22. 第三章 法定相続の制度と運用 / p60 (0066.jp2)
  23. 第一節 総説 / p60 (0066.jp2)
  24. 第二節 法定相続人 / p66 (0072.jp2)
  25. 一、配偶者 / p66 (0072.jp2)
  26. 二、子 / p76 (0082.jp2)
  27. 三、父母 / p85 (0091.jp2)
  28. 四、嫁・婿 / p86 (0092.jp2)
  29. 五、第二順位の法定相続人 / p93 (0099.jp2)
  30. 第三節 養子と「嗣子」 / p96 (0102.jp2)
  31. 一、伝統法における「嗣子」 / p96 (0102.jp2)
  32. 二、現行法における養子の相続権 / p99 (0105.jp2)
  33. 三、現代法における「嗣子」のあつかい / p104 (0110.jp2)
  34. 四、小括 / p111 (0117.jp2)
  35. 第四節 代襲相続と相続欠格 / p113 (0119.jp2)
  36. 一、代襲相続 / p113 (0119.jp2)
  37. 二、相続欠格 / p122 (0128.jp2)
  38. 第五節 同一順位相続人間での遺産配分方法 / p134 (0140.jp2)
  39. 一、相続分決定の原則 / p134 (0140.jp2)
  40. 二、均分相続に修正を迫る原理 / p141 (0147.jp2)
  41. 三、遺産配分をめぐる残された論点 / p151 (0157.jp2)
  42. 第四章 遺言相続の制度と運用 / p157 (0163.jp2)
  43. 第一節 総説 / p157 (0163.jp2)
  44. 一、遺言相続制度の形成 / p157 (0163.jp2)
  45. 二、遺言制度の意義・目的 / p160 (0166.jp2)
  46. 三、遺言相続人の範囲 / p162 (0168.jp2)
  47. 第二節 遺言の有効要件 / p165 (0171.jp2)
  48. 一、各国法に共通する要件 / p165 (0171.jp2)
  49. 二、社会主義道徳に違反していないこと / p171 (0177.jp2)
  50. 第三節 遺言の方式 / p176 (0182.jp2)
  51. 一、公証遺言 / p176 (0182.jp2)
  52. 二、そのほかの方式 / p182 (0188.jp2)
  53. 三、共同遺言の可否 / p184 (0190.jp2)
  54. 四、方式違背の遺言の効力 / p187 (0193.jp2)
  55. 第四節 遺言の自由化への制約―中国的遺留分制度― / p192 (0198.jp2)
  56. 一、必留分制度 / p192 (0198.jp2)
  57. 二、必留分と遺留分の比較法 / p201 (0207.jp2)
  58. 第五節 遺贈 / p205 (0211.jp2)
  59. 一、遺贈概説 / p205 (0211.jp2)
  60. 二、相続債務と遺贈の実行 / p207 (0213.jp2)
  61. 第五章 その他の遺産継承方法 / p211 (0217.jp2)
  62. 第一節 遺贈扶養取決め / p211 (0217.jp2)
  63. 一、総説 / p211 (0217.jp2)
  64. 二、制度形成プロセス / p214 (0220.jp2)
  65. 三、現行法制の運用 / p221 (0227.jp2)
  66. 第二節 相続人以外の者への遺産分与制度 / p226 (0232.jp2)
  67. 一、制度形成プロセス / p226 (0232.jp2)
  68. 二、現行法制の運用 / p231 (0237.jp2)
  69. 三、制度の意義・役割とその中国的特色 / p237 (0243.jp2)
  70. 第六章 現代中国相続法の三つの原理 / p239 (0245.jp2)
  71. 第一節 生活保障原理 / p239 (0245.jp2)
  72. 第二節 扶養―相続対価的原理 / p244 (0250.jp2)
  73. 第三節 個人的(私的)所有権保護の原理 / p249 (0255.jp2)
  74. 第四節 三つの原理の相互関係 / p251 (0257.jp2)
  75. むすび / p253 (0259.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000078191
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000998645
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000242505
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ