マックス・シュティルナーの近代合理主義批判

この論文をさがす

著者

    • 住吉, 雅美, 1961- スミヨシ, マサミ

書誌事項

タイトル

マックス・シュティルナーの近代合理主義批判

著者名

住吉, 雅美, 1961-

著者別名

スミヨシ, マサミ

学位授与大学

北海道大学

取得学位

法学博士

学位授与番号

甲第2954号

学位授与年月日

1991-06-28

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. はじめに / p1 (0006.jp2)
  3. 第1章 ドイツ的自律の形成過程一一シュティルナー前史一一 / p9 (0014.jp2)
  4. 第1節 ヘーゲルの課題一一同一性原理の提起とその意義一一 / p9 (0014.jp2)
  5. 第2節 同一性原理の世俗化一一自律から主体性ヘ一一 / p14 (0019.jp2)
  6. 第3節 ヘーゲル以降の潮流とその射程 / p19 (0024.jp2)
  7. 第1款 同一性原理批判の萌芽①一一カント復権的批判一一 / p19 (0024.jp2)
  8. 第2款 同一性原理批判の萌芽②一一ロマン主義的反発一一 / p20 (0025.jp2)
  9. 第3款 同一性原理の両義性 / p21 (0026.jp2)
  10. 第4款 ヘーゲルの後継者①一一理性主義的後継者一一 / p22 (0027.jp2)
  11. 第1項 同一性原理の実践化 / p22 (0027.jp2)
  12. [1]B・バウアー / p23 (0028.jp2)
  13. [2]フォイエルバッハ / p23 (0028.jp2)
  14. 第2項 人間中心主義 / p24 (0029.jp2)
  15. 第5款 ヘーゲルの後継者②一一反理性主義的後継者・シュティルナー一一 / p26 (0031.jp2)
  16. 第2章 シュティルナーにおける自律思想の改革 / p34 (0039.jp2)
  17. 第1節 前三月期的自由主義批判 / p36 (0041.jp2)
  18. 第1款 「市民的自由」批判 / p36 (0041.jp2)
  19. 第2款 近代哲学批判 / p39 (0044.jp2)
  20. 第1項 感性の抑圧 / p39 (0044.jp2)
  21. 第2項 三位一体批判 / p41 (0046.jp2)
  22. 第2節 ドイツ的自律構造の批判 / p44 (0049.jp2)
  23. 第1款 自我の二重性 / p44 (0049.jp2)
  24. 第1項 ヘーゲルとドイツ的自律 / p44 (0049.jp2)
  25. 第2項 フォイエルバッハとドイツ的自律 / p46 (0051.jp2)
  26. 第3項 シュティルナーとドイツ的自律、その離反の端緒一一自我の二重性 / p47 (0052.jp2)
  27. 第2款 反省的自我 / p52 (0057.jp2)
  28. 第1項 ヘーゲルのロマン主義的志向と理性主義的方法一一"無神論者"ヘーゲル像の成立一一 / p52 (0057.jp2)
  29. 第2項 ヘーゲルの理性主義的側面の一面的肥大化一一B・バウアー一一 / p52 (0057.jp2)
  30. 第3項 シュティルナーとバウアーとの蜜月 / p54 (0059.jp2)
  31. 第3節 「移ろいゆく私」一一《他在における自己知》の解体一一 / p58 (0063.jp2)
  32. 第1款 近代合理主義的主体性の純粋形態一一B・バウア一一 / p58 (0063.jp2)
  33. 第2款 シュティルナーの、バウアーからの離反 / p59 (0064.jp2)
  34. 第1項 バウアーとドイツ的自律 / p60 (0065.jp2)
  35. 第2項 バウアーと主体性一一人間理性至上主義一一 / p61 (0066.jp2)
  36. 第3款 シュティルナーの《他在における自己知》批判 / p62 (0067.jp2)
  37. 第1項 バウアー《鏡像としての自我》 / p62 (0067.jp2)
  38. 第2項 シュティルナー《前提されぬ自我》 / p63 (0068.jp2)
  39. 第4款 過去志向的自我から将来をめざす自我へ / p65 (0070.jp2)
  40. 第4節 Eigner一一所有的個人主義との異同一一 / p68 (0073.jp2)
  41. 第1款 接点 / p68 (0073.jp2)
  42. 第2款 相違点 / p70 (0075.jp2)
  43. 第5節 シュティルナーにおける新しい自律観 / p73 (0078.jp2)
  44. 第3章 シュティルナーと「闘争」 / p89 (0094.jp2)
  45. 第1節《反近代》の視座としてのEigner / p89 (0094.jp2)
  46. 第1款 ヘーゲル左派と《主一奴》問題 / p89 (0094.jp2)
  47. 第1項 1842年 / p89 (0094.jp2)
  48. 第2項 思弁哲学の改革一一フォイエルバッハとヘス一一 / p91 (0096.jp2)
  49. 第3項《主一奴》の行方一一マルクスとGemeinwesen一一 / p97 (0102.jp2)
  50. 第2款 シュティルナーと《主一奴》問題 / p104 (0109.jp2)
  51. 第1項 中世回帰 / p104 (0109.jp2)
  52. 第2項「言表されない私」 / p111 (0116.jp2)
  53. [1]マルクス、エングルスの主体性批判における陥穿 / p111 (0116.jp2)
  54. [2]非言語的自我の生成史一一ラカンを参考に一一 / p112 (0117.jp2)
  55. [3]原一自我(Ur-Ich)一一「言表されない私」一一 / p114 (0119.jp2)
  56. 第3項 思弁の否定一一現実的個体としての唯一者一一 / p117 (0122.jp2)
  57. 第2節 唯一者一一創造的主体性の新たな可能性として一一 / p125 (0130.jp2)
  58. 第1款 カオスからの反逆 / p125 (0130.jp2)
  59. 第2款 唯一者と「闘争」一一形而上学批判と創造的人格一一 / p133 (0138.jp2)
  60. 第1項 因果論から解釈ヘ一一ニーチェの先駆一一 / p133 (0138.jp2)
  61. 第2項「自己創造的人間」 / p135 (0140.jp2)
  62. 第3項「超人」と「唯一者」との相違 / p139 (0144.jp2)
  63. 第3節《シュティルナー・ショック》の射程 / p142 (0147.jp2)
  64. 第1款『唯一者とその所有』の波紋 / p142 (0147.jp2)
  65. 第2款『唯一者』と『ドイツ・イデオロギー』一一争点一一 / p147 (0152.jp2)
  66. 第1項 シュティルナー批判の要点 / p147 (0152.jp2)
  67. 第2項 シュティルナー批判の間題点 / p149 (0154.jp2)
  68. 第3項 マルクス、エングルスにたいするシュティルナーの立場 / p152 (0157.jp2)
  69. 第3款 時代的背景 / p155 (0160.jp2)
  70. 第4章 唯一者の政治論 / p179 (0184.jp2)
  71. 第1節 シュティルナーと市民社会 / p179 (0184.jp2)
  72. 第1款 シュティルナーと分業 / p179 (0184.jp2)
  73. 第2款 シュティルナーとブルジョア財産権 / p184 (0189.jp2)
  74. 第2節 唯一者の「政治的死」 / p190 (0195.jp2)
  75. 第3節 唯一者の政治論一一連邦主義一一 / p196 (0201.jp2)
  76. おわりに シュティルナーと現代一一リバタリアニズムによせて一一 / p208 (0213.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000078192
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000998646
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000242506
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ