フランス社会保障制度における自律と平等

この論文をさがす

著者

    • 加藤, 智章, 1956- カトウ, トモユキ

書誌事項

タイトル

フランス社会保障制度における自律と平等

著者名

加藤, 智章, 1956-

著者別名

カトウ, トモユキ

学位授与大学

北海道大学

取得学位

法学博士

学位授与番号

乙第3922号

学位授与年月日

1991-06-28

注記・抄録

博士論文

目次

  1. はじめに / p1 (0004.jp2)
  2. 第一章 経済再建とラロックプランに基づく社会保障制度の創設 / p9 (0008.jp2)
  3. 第一節 社会保障の組織化に関する一九四五年一〇月四日のオルドナンス / p9 (0008.jp2)
  4. 第一款 一般化原則の具体化 / p9 (0008.jp2)
  5. 第二款 単一金庫原則の概要 / p13 (0010.jp2)
  6. 第三款 自律性原則の標榜 / p16 (0012.jp2)
  7. 第二節 社会保険に関する一九四五年一〇月一九日のオルドナンス / p20 (0014.jp2)
  8. 第一款 保険事故、人的適用範囲および任意保険制度 / p20 (0014.jp2)
  9. 第二款 疾病保険制度の概要と特徴 / p23 (0015.jp2)
  10. 第三款 老齢保険制度の概要と特徴 / p28 (0018.jp2)
  11. 第三節 フランス社会保障制度におけるラロックプラン / p32 (0020.jp2)
  12. 第一款 家族手当金庫の暫定的分離 / p32 (0020.jp2)
  13. 第二款 自律性原則の位置付けと限界 / p34 (0021.jp2)
  14. 第二章 経済復興と社会保障制度の定着―――制度統一の理念と制度多元化の萌芽――― / p36 (0022.jp2)
  15. 第一節 老齢保険制度一般化の失敗 / p36 (0022.jp2)
  16. 第一款 一九四六年五月二二日法の制定 / p36 (0022.jp2)
  17. 第二款 一九四六年九月一三日法の制定と反対運動の展開 / p39 (0023.jp2)
  18. 第二節 単一金庫原則の亀裂 / p45 (0026.jp2)
  19. 第一款 一九四八年一月一七日法による制度複線化の承認 / p45 (0026.jp2)
  20. 第二款 一九四九年二月二一日法による家族手当金庫の分離独立 / p49 (0028.jp2)
  21. 第三節 疾病保険における自律性原則の動揺 / p54 (0031.jp2)
  22. 第一款 地方協約の未締結と超過料金請求権の行使 / p54 (0031.jp2)
  23. 第二款 地方協約方式の変遷 / p55 (0031.jp2)
  24. 第三款 地方協約方式における疾病保険制度の財政状況 / p57 (0032.jp2)
  25. 第四款 保険給付抑制に関する諸立法の動向 / p58 (0033.jp2)
  26. 第三章 経済成長と社会保障制度の展開―――制度多元化の現実――― / p61 (0034.jp2)
  27. 第一節 補足制度の成立と展開――持てる者達の連帯―― / p61 (0034.jp2)
  28. 第一款 給付多様化の萌芽 / p61 (0034.jp2)
  29. 第二款 給付多様化の諸相その一 / p65 (0036.jp2)
  30. 第二節 給付多様化の諸相その二 ――持たざる者達に対する老齢保障―― / p70 (0039.jp2)
  31. 第一款 国民連帯基金による付加手当と組織構成 / p70 (0039.jp2)
  32. 第二款 無拠出給付採用と国庫負担導入の理由 / p71 (0039.jp2)
  33. 第三款 老齢ミニマム制度の進展 / p73 (0040.jp2)
  34. 第三節 地方協約方式の変更――一九六〇年五月一二日のデクレによる標準協約方式の導入―― / p79 (0043.jp2)
  35. 第一款 標準協約方式の導入 / p79 (0043.jp2)
  36. 第二款 標準協約に対する個人加入制度の承認 / p80 (0044.jp2)
  37. 第三款 同数委員会(Commission paritaire)による超過料金請求権の規制 / p80 (0044.jp2)
  38. 第四款 若干のまとめ / p81 (0044.jp2)
  39. 第四章 高度経済成長と社会保障制度の見直し―――制度構造の改編――― / p84 (0046.jp2)
  40. 第一節 制度理念の転回 / p84 (0046.jp2)
  41. 第一款 一九六〇年五月一二日のデクレによる社会保障組織の改革 / p84 (0046.jp2)
  42. 第二款 六七年改革の目的 / p86 (0047.jp2)
  43. 第三款 六七年改革の制定経緯 / p88 (0048.jp2)
  44. 第二節 一九六七年改革の具体的枠組 / p90 (0049.jp2)
  45. 第一款 67-706オルドナンスによる管理運営組織の改編 / p90 (0049.jp2)
  46. 第二款 67-707オルドナンスの概要 / p94 (0051.jp2)
  47. 第三款 任意加入制度の一般化 / p98 (0053.jp2)
  48. 第三節 一九六七年改革の意義と限界 / p102 (0055.jp2)
  49. 第一款 一九六七年改革の意義 / p102 (0055.jp2)
  50. 第二款 一九六七年改革の限界 / p104 (0056.jp2)
  51. 第四節 一九七四年までの動向 / p105 (0056.jp2)
  52. 第一款 全国医療協約の導入 / p105 (0056.jp2)
  53. 第二款 補足制度の一般化 / p110 (0059.jp2)
  54. 第五章 高度産業社会の展開と社会保障制度の対応―――制度間格差の解消と財政調整の標榜――― / p114 (0061.jp2)
  55. 第一節 一九七〇年代におけるフランス社会保障制度の問題状況 / p114 (0061.jp2)
  56. 第一款 就業構造の変化に伴う財政基盤の弱体化 / p114 (0061.jp2)
  57. 第二款 制度間格差解消の動き / p117 (0062.jp2)
  58. 第二節 一九七四年一二月二四日法に基づく新三原則 / p120 (0064.jp2)
  59. 第一款 一九七四年法の制定経緯 / p120 (0064.jp2)
  60. 第二款 一九七四年法による新三原則 / p121 (0064.jp2)
  61. 第三節 一九七四年法に基づく新三原則の展開 / p125 (0066.jp2)
  62. 第一款 個人保険制の創設による一般化原則の実現 / p125 (0066.jp2)
  63. 第二款 財政調整原則の展開と格差解消原則 / p127 (0067.jp2)
  64. 第四節 ミッテラン政権下の社会保障制度の変革 / p131 (0069.jp2)
  65. 第一款 老齢年金支給開始年令の引き下げ / p131 (0069.jp2)
  66. 第二款 一九八二年一二月一七日法による金庫理事会の再構成 / p134 (0071.jp2)
  67. 結語 / p137 (0072.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000078199
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000998647
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000242513
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ