カレントコンベアを用いた素子シミュレーション及び能動アナログ回路網の広帯域化,小型化に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 堀田, 素志 ホリタ, モトシ

書誌事項

タイトル

カレントコンベアを用いた素子シミュレーション及び能動アナログ回路網の広帯域化,小型化に関する研究

著者名

堀田, 素志

著者別名

ホリタ, モトシ

学位授与大学

金沢大学

取得学位

学術博士

学位授与番号

乙第1115号

学位授与年月日

1990-09-30

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 序 / p1 (0004.jp2)
  3. 1.1 まえがき / p1 (0004.jp2)
  4. 1.2 本論文の構成 / p5 (0006.jp2)
  5. 参考文献 / p6 (0007.jp2)
  6. 第2章 カレントコンベアの広帯域化 / p9 (0008.jp2)
  7. 2.1 まえがき / p9 (0008.jp2)
  8. 2.2 相補型トランジスタによるカレントコンベアの実現回路 / p10 (0009.jp2)
  9. 2.3 高周波特性の改善 / p19 (0013.jp2)
  10. 2.4 実験結果と考察 / p31 (0019.jp2)
  11. 2.5 まとめ / p40 (0024.jp2)
  12. 参考文献 / p41 (0024.jp2)
  13. 第3章 カレントコンベアを用いたバイカッドフィルタ / p45 (0026.jp2)
  14. 3.1 まえがき / p45 (0026.jp2)
  15. 3.2 回路構成 / p46 (0027.jp2)
  16. 3.3 サブブロックの特性 / p52 (0030.jp2)
  17. 3.4 能動素子の周波数特性の影響 / p54 (0031.jp2)
  18. 3.5 実験結果と考察 / p59 (0033.jp2)
  19. 3.6 まとめ / p72 (0040.jp2)
  20. 参考文献 / p73 (0040.jp2)
  21. 第4章 カレントコンベアを用いた素子シミュレーションおよび発振回路 / p75 (0041.jp2)
  22. 4.1 まえがき / p75 (0041.jp2)
  23. 4.2 ジャイレータ / p76 (0042.jp2)
  24. 4.3 RC発振回路 / p87 (0047.jp2)
  25. 4.4 非接地型素子 / p96 (0052.jp2)
  26. 4.5 まとめ / p108 (0058.jp2)
  27. 参考文献 / p109 (0058.jp2)
  28. 第5章 スイッチトキャパシタ回路によるインダクタンスシミュレーション / p112 (0060.jp2)
  29. 5.1 まえがき / p112 (0060.jp2)
  30. 5.2 回路構成 / p113 (0060.jp2)
  31. 5.3 構成手順 / p126 (0067.jp2)
  32. 5.4 実験結果と考察 / p134 (0071.jp2)
  33. 5.5 まとめ / p137 (0072.jp2)
  34. 参考文献 / p137 (0072.jp2)
  35. 第6章 むすび / p140 (0074.jp2)
  36. 謝辞 / p143 (0075.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000078295
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000078499
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000242609
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ