The establishment of Epstein-Barr virus nuclear antigen-positive (SP-50B) and Epstein-Barr virus nuclear antigen-negative (SP-53) cell lines with t(11;14)(q13;q32) chromosome abnormality from an intermediate lymphocytic lymphoma 中細胞型リンパ腫由来の、染色体異常t(11;14)(q13;q32)を有するEBNA陽性(SP-50B)とEBNA陰性(SP-53)細胞株の樹立

この論文をさがす

著者

    • 大畑, 雅典 ダイバタ, マサノリ

書誌事項

タイトル

The establishment of Epstein-Barr virus nuclear antigen-positive (SP-50B) and Epstein-Barr virus nuclear antigen-negative (SP-53) cell lines with t(11;14)(q13;q32) chromosome abnormality from an intermediate lymphocytic lymphoma

タイトル別名

中細胞型リンパ腫由来の、染色体異常t(11;14)(q13;q32)を有するEBNA陽性(SP-50B)とEBNA陰性(SP-53)細胞株の樹立

著者名

大畑, 雅典

著者別名

ダイバタ, マサノリ

学位授与大学

高知医科大学

取得学位

医学博士

学位授与番号

甲第41号

学位授与年月日

1989-03-25

注記・抄録

博士論文

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000078341
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000078545
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000242655
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ