格子乱流中に形成される乱流拡散火災の構造

この論文をさがす

著者

    • 真子, 弘泰 マナコ, ヒロヤス

書誌事項

タイトル

格子乱流中に形成される乱流拡散火災の構造

著者名

真子, 弘泰

著者別名

マナコ, ヒロヤス

学位授与大学

慶應義塾大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

甲第1056号

学位授与年月日

1990-11-07

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p1 (0005.jp2)
  3. 記号表 / p4 (0008.jp2)
  4. 1.序論 / p1 (0012.jp2)
  5. 1.1 緒言 / p1 (0012.jp2)
  6. 1.2 従来の研究 / p2 (0013.jp2)
  7. 1.3 研究目的 / p5 (0016.jp2)
  8. 1.4 研究方針ならびに本論文の構成 / p7 (0018.jp2)
  9. 2.火炎の形成による乱れ構造の変化 / p10 (0021.jp2)
  10. 2.1 緒言 / p10 (0021.jp2)
  11. 2.2 実験装置および方法 / p12 (0023.jp2)
  12. 2.3 実験結果および考察 / p20 (0031.jp2)
  13. 2.4 結論 / p32 (0043.jp2)
  14. 3.乱流拡散火炎の構造のモデル / p34 (0045.jp2)
  15. 3.1 緒言 / p34 (0045.jp2)
  16. 3.2 実験装置および方法 / p36 (0047.jp2)
  17. 3.3 実験結果および考察 / p43 (0054.jp2)
  18. 3.4 結論 / p67 (0078.jp2)
  19. 4.格子乱流中のWrinkled Laminar Flameletのスカラ量の性質 / p69 (0080.jp2)
  20. 4.1 緒言 / p69 (0080.jp2)
  21. 4.2 考察 / p69 (0080.jp2)
  22. 4.3 結論 / p77 (0088.jp2)
  23. 5.格子乱流中のWrinkled Laminar Flameletの速度の性質 / p79 (0090.jp2)
  24. 5.1 緒言 / p79 (0090.jp2)
  25. 5.2 実験装置および方法 / p80 (0091.jp2)
  26. 5.3 実験結果および考察 / p81 (0092.jp2)
  27. 5.4 結論 / p104 (0115.jp2)
  28. 6.結論 / p106 (0117.jp2)
  29. 謝辞 / p110 (0121.jp2)
  30. 参考文献 / p111 (0122.jp2)
  31. 付録 / p118 (0129.jp2)
  32. 本論文に関連する著者の発表論文 / p124 (0135.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000078402
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000078606
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000242716
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ