気泡塔内での高粘度液中の気泡生成及び物質移動

この論文をさがす

著者

    • 寺坂, 宏一 テラサカ, コウイチ

書誌事項

タイトル

気泡塔内での高粘度液中の気泡生成及び物質移動

著者名

寺坂, 宏一

著者別名

テラサカ, コウイチ

学位授与大学

慶應義塾大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

甲第1090号

学位授与年月日

1991-03-31

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / p63 (0001.jp2)
  2. 目次 / p1 (0007.jp2)
  3. 序 / p1 (0011.jp2)
  4. 第I部 単一オリフィスよりの気泡生成 / p3 (0013.jp2)
  5. 第I部 序論 / p4 (0014.jp2)
  6. 第1章 高粘度ニュートン流体中での気泡生成 / p11 (0021.jp2)
  7. 1.1 緒言 / p12 (0022.jp2)
  8. 1.2 実験装置及び実験方法 / p13 (0023.jp2)
  9. 1.3 実験条件 / p16 (0026.jp2)
  10. 1.4 結果及び検討 / p18 (0028.jp2)
  11. 1.5 無次元群での整理 / p31 (0041.jp2)
  12. 1.6 既往の研究結果との比較 / p35 (0045.jp2)
  13. 1.7 結言 / p38 (0048.jp2)
  14. 第2章 非ニュートン流体中での気泡生成 / p39 (0049.jp2)
  15. 2.1 緒言 / p40 (0050.jp2)
  16. 2.2 実験装置及び実験方法 / p41 (0051.jp2)
  17. 2.3 実験条件 / p42 (0052.jp2)
  18. 2.4 結果及び検討 / p47 (0057.jp2)
  19. 2.5 無次元群による実験結果の整理 / p61 (0071.jp2)
  20. 2.6 既往の研究結果との比較 / p64 (0074.jp2)
  21. 2.7 結言 / p65 (0075.jp2)
  22. 第3章 気泡生成モデル / p66 (0076.jp2)
  23. 3.1 緒言 / p68 (0078.jp2)
  24. 3.2 既往の気泡生成モデル / p69 (0079.jp2)
  25. 3.3 モデル化 / p79 (0089.jp2)
  26. 3.4 有限差分法による計算の実行 / p85 (0095.jp2)
  27. 3.5 高粘度ニュ―トン流体中での気泡生成に対するモデルの適用 / p89 (0099.jp2)
  28. 3.6 非ニュ―トン流体中での気泡生成に対するモデルの適用 / p98 (0108.jp2)
  29. 3.7 高圧下での気泡生成に対するモデルの適用 / p110 (0120.jp2)
  30. 3.8 結言 / p126 (0136.jp2)
  31. 第I部 結論 / p127 (0137.jp2)
  32. 第I部 使用記号 / p129 (0139.jp2)
  33. 第I部 引用文献 / p132 (0142.jp2)
  34. 第II部 高粘度液用気泡分散器の設計及び高粘度液用気泡塔の開発 / p135 (0145.jp2)
  35. 第II部 序論 / p136 (0146.jp2)
  36. 第4章 回転板付きオリフィスよりの気泡生成 / p140 (0150.jp2)
  37. 4.1 緒言 / p141 (0151.jp2)
  38. 4.2 実験装置及び実験方法 / p142 (0152.jp2)
  39. 4.3 実験条件 / p145 (0155.jp2)
  40. 4.4 結果及び検討 / p147 (0157.jp2)
  41. 4.5 結言 / p157 (0167.jp2)
  42. 第5章 回転オリフィス板よりの気泡生成 / p158 (0168.jp2)
  43. 5.1 緒言 / p159 (0169.jp2)
  44. 5.2 実験装置及び実験方法 / p160 (0170.jp2)
  45. 5.3 実験条件 / p163 (0173.jp2)
  46. 5.4 結果及び検討 / p165 (0175.jp2)
  47. 5.5 既往の研究との比較 / p172 (0182.jp2)
  48. 5.6 結言 / p173 (0183.jp2)
  49. 第6章 コンスタントフローノズルよりの気泡生成 / p174 (0184.jp2)
  50. 6.1 緒言 / p175 (0185.jp2)
  51. 6.2 実験装置及び実験方法 / p176 (0186.jp2)
  52. 6.3 実験条件 / p180 (0190.jp2)
  53. 6.4 結果及び検討 / p182 (0192.jp2)
  54. 6.5 既往の研究との比較 / p199 (0209.jp2)
  55. 6.6 結言 / p201 (0211.jp2)
  56. 第7章 コンスタントフロー気泡生成モデル / p202 (0212.jp2)
  57. 7.1 緒言 / p203 (0213.jp2)
  58. 7.2 既往の気泡生成モデル / p204 (0214.jp2)
  59. 7.3 モデル化 / p206 (0216.jp2)
  60. 7.4 高粘度液中における定ガス流量条件下での気泡生成の実験結果との比較 / p210 (0220.jp2)
  61. 7.5 既往の研究結果との比較 / p217 (0227.jp2)
  62. 7.6 結言 / p219 (0229.jp2)
  63. 第8章 コンスタントフローノズル付き気泡塔の物質移動特性 / p220 (0230.jp2)
  64. 8.1 緒言 / p221 (0231.jp2)
  65. 8.2 実験装置及び実験方法 / p223 (0233.jp2)
  66. 8.3 実験条件 / p227 (0237.jp2)
  67. 8.4 結果及び検討 / p229 (0239.jp2)
  68. 8.5 無次元群による整理 / p236 (0246.jp2)
  69. 8.6 既往の研究結果との比較 / p237 (0247.jp2)
  70. 8.7 結言 / p241 (0251.jp2)
  71. 第II部 結論 / p242 (0252.jp2)
  72. 第II部 使用記号 / p244 (0254.jp2)
  73. 第II部 引用文献 / p247 (0257.jp2)
  74. 総括 / p250 (0260.jp2)
  75. 謝辞 / p251 (0261.jp2)
  76. 研究業績 / p253 (0263.jp2)
  77. 論文 / p253 (0263.jp2)
  78. 国際会議 / p253 (0263.jp2)
  79. 国内学会発表 / p254 (0264.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000078436
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000078640
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000242750
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ