制癌剤投与によって脾細胞に出現するLAK様細胞障害活性(chemo-LAK活性)誘導のマウスによる動物モデル

この論文をさがす

著者

    • 村田, 建一郎 ムラタ, ケンイチロウ

書誌事項

タイトル

制癌剤投与によって脾細胞に出現するLAK様細胞障害活性(chemo-LAK活性)誘導のマウスによる動物モデル

著者名

村田, 建一郎

著者別名

ムラタ, ケンイチロウ

学位授与大学

長崎大学

取得学位

医学博士

学位授与番号

医博甲第619号

学位授与年月日

1990-09-19

注記・抄録

博士論文

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000078566
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000078770
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000242880
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ