ルール学習を促進する事例のタイプとそのメカニズムに関する研究

この論文をさがす

著者

    • 麻柄, 啓一, 1951- マガラ, ケイイチ

書誌事項

タイトル

ルール学習を促進する事例のタイプとそのメカニズムに関する研究

著者名

麻柄, 啓一, 1951-

著者別名

マガラ, ケイイチ

学位授与大学

東北大学

取得学位

教育学博士

学位授与番号

乙第5563号

学位授与年月日

1991-06-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. はじめに / p1 (0007.jp2)
  3. 第1部 事例の型分けならびに型分けされた事例がルールの学習に及ぼす効果に関する実験的研究 -その1.事例の典型性をめぐって- / p5 (0011.jp2)
  4. 第1章 事例の典型性がルールの学習に及ぼす効果 / p6 (0012.jp2)
  5. 問題と目的 / p7 (0013.jp2)
  6. 予備調査 / p11 (0017.jp2)
  7. 実験1 / p13 (0019.jp2)
  8. 補足実験 / p21 (0027.jp2)
  9. 討論 / p25 (0031.jp2)
  10. 文献 / p27 (0033.jp2)
  11. 第2部 事例の型分けならびに型分けされた事例がルールの学習に及ぼす効果に関する実験的研究-その2.発展例をめぐって- / p28 (0034.jp2)
  12. 第2章 ルール学習に及ぼす発展例の効果 その1.風向きルールに即して / p29 (0035.jp2)
  13. 問題と目的 / p30 (0036.jp2)
  14. 方法 / p33 (0039.jp2)
  15. 結果と考察 / p39 (0045.jp2)
  16. 討論 / p43 (0049.jp2)
  17. 文献 / p45 (0051.jp2)
  18. 第3章 ルール学習に及ぼす発展例の効果 その2 力の合成・分解のルールに即して / p46 (0052.jp2)
  19. 問題と目的 / p47 (0053.jp2)
  20. 方法 / p49 (0055.jp2)
  21. 結果と考察 / p58 (0064.jp2)
  22. 討論 / p65 (0071.jp2)
  23. 文献 / p66 (0072.jp2)
  24. 第4章 ルール学習に及ぼす発展例の効果 その3 固体は全て弾性体のルールに即して / p67 (0073.jp2)
  25. 問題と目的 / p68 (0074.jp2)
  26. 実験1 / p69 (0075.jp2)
  27. 実験2 / p76 (0082.jp2)
  28. 討論 / p78 (0084.jp2)
  29. 文献 / p80 (0086.jp2)
  30. 第3部 理論的検討 / p81 (0087.jp2)
  31. 第5章 関連をもつ他の研究の概観 / p82 (0088.jp2)
  32. 1.問題の所在 / p83 (0089.jp2)
  33. 2.麻柄・伏見(1982)の実験から / p84 (0090.jp2)
  34. 3.小島(1987)の実験より / p86 (0092.jp2)
  35. 4.伏見・岩崎(1989)の実験より / p89 (0095.jp2)
  36. 5.まとめ / p91 (0097.jp2)
  37. 文献 / p92 (0098.jp2)
  38. 第6章 2段階結合モデルの提出 / p93 (0099.jp2)
  39. 1.家畜の宿命のルール(第1章)の場合 / p94 (0100.jp2)
  40. 2.2段階結合モデル / p95 (0101.jp2)
  41. 3.たねができるというルール(小島1987)の場合 / p97 (0103.jp2)
  42. 4.三角・四角のルール(麻柄・伏見1982)の場合 / p101 (0107.jp2)
  43. 5.金属の外延の質問(伏見・岩崎1989)の場合 / p103 (0109.jp2)
  44. 6.金属の内包の質問(伏見・岩崎1989)の場合 / p104 (0110.jp2)
  45. 7.発展例(第2章、第3章)の場合 / p106 (0112.jp2)
  46. 8.まとめ / p109 (0115.jp2)
  47. 文献 / p111 (0117.jp2)
  48. 第7章 教授場面における効果的な事例の用い方とそのメカニズム / p112 (0118.jp2)
  49. 1.誤れる特殊化のル・バーについて / p113 (0119.jp2)
  50. 2.学習目標に関して誤れる特殊化のル・バーがある場合 / p113 (0119.jp2)
  51. 3.(2を拡大して)ルールの適用が困難な事例の範囲が存在する場合 / p114 (0120.jp2)
  52. 4.学習目標に関して誤れる特殊化のル・バーがない場合 / p116 (0122.jp2)
  53. 5.事実結合、カテゴリー結合に影響を与える要因 / p118 (0124.jp2)
  54. 文献 / p120 (0126.jp2)
  55. 第4部 意外事例の用い方に関する実験的研究 / p121 (0127.jp2)
  56. 第8章 事実結合を強める方法に関する-研究 / p122 (0128.jp2)
  57. 問題と目的 / p123 (0129.jp2)
  58. 実験1 / p126 (0132.jp2)
  59. 実験2 / p131 (0137.jp2)
  60. 討論 / p134 (0140.jp2)
  61. 文献 / p135 (0141.jp2)
  62. あとがき / p136 (0142.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000078722
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001002695
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000243036
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ