アルケニルシランの脱シリアリール化反応に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 池永, 和敏 イケナガ, カズトシ

書誌事項

タイトル

アルケニルシランの脱シリアリール化反応に関する研究

著者名

池永, 和敏

著者別名

イケナガ, カズトシ

学位授与大学

九州大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第4933号

学位授与年月日

1991-04-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 緒言 / p1 (0007.jp2)
  3. 第2章 各種アリールパラジウム種によるトリメチルシリルスチレンの脱シリルアリール化反応 / p14 (0020.jp2)
  4. 2-1 パラジウム触媒存在下,トリメチルシリルスチレンと芳香族ジアゾニウム塩の反応 / p14 (0020.jp2)
  5. 2-2 アリールパラジウム種の対アニオンの及ぼす効果 / p30 (0036.jp2)
  6. 2-3 トリメチルシリルスチレン類の芳香族ジアゾニウム塩による脱シリルアリール化機構 / p42 (0048.jp2)
  7. 2-4 実験操作 / p62 (0068.jp2)
  8. 第3章 各種アルケニルシランのアリール化反応 / p80 (0086.jp2)
  9. 3-1 ビニルトリメチルシランの反応 / p81 (0087.jp2)
  10. 3-2 1-オクテニルトリメチルシランおよび2-メトキシメチルビニルトリメチルシランのアリール化反応 / p97 (0103.jp2)
  11. 3-3 ビス(トリアルキルシリル)エチレンの脱シリルアリール化反応 / p114 (0120.jp2)
  12. 3-4 脱シリルアリール化におけるアルケニルシラン上の置換基の影響 / p128 (0134.jp2)
  13. 3-5 実験操作 / p133 (0139.jp2)
  14. 第4章 ゲルミルスチレンおよびスタニルスチレンの脱メタルアリール化反応 / p149 (0155.jp2)
  15. 4-1 トリメチルゲルミルスチレンと芳香族ジアゾニウム塩との反応 / p151 (0157.jp2)
  16. 4-2 トリアルキルスタニルスチレンと芳香族ジアゾニウム塩との反応 / p154 (0160.jp2)
  17. 4-3 トリアルキルスタニルスチレンの脱スタニルアリール化反応の経路 / p159 (0165.jp2)
  18. 4-4 まとめ / p163 (0169.jp2)
  19. 4-5 実験操作 / p165 (0171.jp2)
  20. 第5章 結言 / p174 (0180.jp2)
  21. 第6章 実験装置および試薬の調製 / p179 (0185.jp2)
  22. 6-1 測定装置および試薬 / p179 (0185.jp2)
  23. 6-2 試薬の調製 / p180 (0186.jp2)
  24. 6-3 触媒の調製 / p183 (0189.jp2)
  25. 6-4 その他の試薬の調製 / p186 (0192.jp2)
  26. 参考文献 / p188 (0194.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000078858
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000079062
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000243172
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ