水素分子と電子との衝突による超励起状態の励起解離過程

この論文をさがす

著者

    • 中島, 慶治 ナカシマ, ケイジ

書誌事項

タイトル

水素分子と電子との衝突による超励起状態の励起解離過程

著者名

中島, 慶治

著者別名

ナカシマ, ケイジ

学位授与大学

九州大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第4960号

学位授与年月日

1991-06-03

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0007.jp2)
  3. 1.1 序 / p1 (0007.jp2)
  4. 1.2 分子のRydberg状態と超励起状態の動力学 / p2 (0008.jp2)
  5. 1.3 電子衝撃による水素分子の解離過程 / p7 (0013.jp2)
  6. 1.4 本論分の構成 / p10 (0016.jp2)
  7. 参考文献 / p14 (0020.jp2)
  8. 第2章 電子衝撃発光スペクトル装置 / p15 (0021.jp2)
  9. 2.1 序 / p15 (0021.jp2)
  10. 2.2 電子衝撃高分解能発光スペクトル装置 / p15 (0021.jp2)
  11. 2.3 角度可変型ドップラー線形測定装置 / p23 (0029.jp2)
  12. 参考文献 / p40 (0046.jp2)
  13. 第3章 HDの電子衝撃によるH⁺,D⁺(n=3-7)生成の同位体効果とその生成機構 / p41 (0047.jp2)
  14. 3.1 序 / p41 (0047.jp2)
  15. 3.2 実験 / p43 (0049.jp2)
  16. 3.3 結果 / p48 (0054.jp2)
  17. 3.4 考察 / p53 (0059.jp2)
  18. 参考文献 / p60 (0066.jp2)
  19. 第4章 電子衝撃により生成する解離原子の空間分布とドップラー線形の角度依存性 / p62 (0068.jp2)
  20. 4.1 序 / p62 (0068.jp2)
  21. 4.2.発光種の空間分布を考慮したドップラー線形の角度依存性 / p70 (0076.jp2)
  22. 4.3 角度差ドップラー線形 / p76 (0082.jp2)
  23. 4.4 考察 / p82 (0088.jp2)
  24. 参考文献 / p84 (0090.jp2)
  25. 第5章 H₂の電子衝撃により生成するH〓の解離中間状態の対称性 / p86 (0092.jp2)
  26. 5.1 序 / p86 (0092.jp2)
  27. 5.2 実験 / p87 (0093.jp2)
  28. 5.3 結果 / p87 (0093.jp2)
  29. 5.4 考察 / p93 (0099.jp2)
  30. 参考文献 / p104 (0110.jp2)
  31. 第6章 H₂の電子衝撃により生成するBalmer線の成分別偏光度 / p106 (0112.jp2)
  32. 6.1 序 / p106 (0112.jp2)
  33. 6.2 実験 / p107 (0113.jp2)
  34. 6.3 結果 / p108 (0114.jp2)
  35. 6.4 考察 / p115 (0121.jp2)
  36. 参考文献 / p123 (0129.jp2)
  37. 第7章 低速電子との衝突による水素分子イオン(H₂⁺,D₂⁺,HD⁺)の解離性再結合 / p124 (0130.jp2)
  38. 7.1 序 / p124 (0130.jp2)
  39. 7.2 2段階量子欠損理論(2 step MQDT) / p126 (0132.jp2)
  40. 7.3 結果と考察 / p129 (0135.jp2)
  41. 参考文献 / p162 (0168.jp2)
  42. 第8章 総括 / p164 (0170.jp2)
  43. 謝辞 / p169 (0175.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000078885
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000079089
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000243199
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ