鋼管杭の支持力推定と上・下部構造一体化設計への適用に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 菅井, 径世 スガイ, ミチヨ

書誌事項

タイトル

鋼管杭の支持力推定と上・下部構造一体化設計への適用に関する研究

著者名

菅井, 径世

著者別名

スガイ, ミチヨ

学位授与大学

名古屋大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

甲第2458号

学位授与年月日

1991-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0004.jp2)
  2. 1 序論 / p1 (0006.jp2)
  3. 1.1 鋼管杭の極限支持力推定法の現状とその問題点 / p2 (0007.jp2)
  4. 1.2 鋼管杭の極限支持力推定法の実務設計への適用に関する課題 / p7 (0009.jp2)
  5. 1.3 論文の構成と内容 / p10 (0011.jp2)
  6. 参考文献 / p12 (0012.jp2)
  7. 2 載荷試験結果による鋼管杭の極限支持力推定法 / p13 (0012.jp2)
  8. 2.1 概説 / p13 (0012.jp2)
  9. 2.2 既往の極限支持力推定法 / p14 (0013.jp2)
  10. 2.3 残留沈下量を利用した新しい極限支持力推定法の提案 / p18 (0015.jp2)
  11. 2.4 極限支持力推定法の精度の検討 / p20 (0016.jp2)
  12. 2.5 結論 / p30 (0021.jp2)
  13. 引用文献 / p30 (0021.jp2)
  14. 参考文献 / p31 (0021.jp2)
  15. 3 静的支持力式による鋼管杭の極限支持力推定法 / p33 (0022.jp2)
  16. 3.1 概説 / p33 (0022.jp2)
  17. 3.2 現行の極限支持力推定法 / p33 (0022.jp2)
  18. 3.3 載荷試験データの統計解析に基づく静的支持力式決定法の提案 / p36 (0024.jp2)
  19. 3.4 極限支持力推定法の制度の検討 / p38 (0025.jp2)
  20. 3.5 結論 / p55 (0033.jp2)
  21. 引用文献 / p57 (0034.jp2)
  22. 参考文献 / p57 (0034.jp2)
  23. 4 動的支持力式による鋼管杭の極限支持力推定法 / p59 (0035.jp2)
  24. 4.1 概説 / p59 (0035.jp2)
  25. 4.2 既往の極限支持力推定法 / p60 (0036.jp2)
  26. 4.3 波動理論に基づく動的先端支持力式の提案 / p63 (0037.jp2)
  27. 4.4 極限支持力推定法の精度の検討 / p69 (0040.jp2)
  28. 4.5 結論 / p74 (0043.jp2)
  29. 引用文献 / p75 (0043.jp2)
  30. 参考文献 / p75 (0043.jp2)
  31. 5 上・下部構造一体システムにおける鋼管杭の支持力とその確率特性 / p77 (0044.jp2)
  32. 5.1 概説 / p77 (0044.jp2)
  33. 5.2 上・下部構造一体システムの応答計算法 / p79 (0045.jp2)
  34. 5.3 支持力の確率特性 / p88 (0050.jp2)
  35. 5.4 結論 / p100 (0056.jp2)
  36. 参考文献 / p102 (0057.jp2)
  37. 6 上・下部構造一体システム最適化設計 / p105 (0058.jp2)
  38. 6.1 概説 / p105 (0058.jp2)
  39. 6.2 最適化設計の基本概念 / p106 (0059.jp2)
  40. 6.3 数値計算例 / p111 (0061.jp2)
  41. 6.4 結論 / p119 (0065.jp2)
  42. 参考文献 / p121 (0066.jp2)
  43. 7 結論 / p122 (0067.jp2)
  44. 謝辞 / p125 (0068.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000079060
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000079264
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000243374
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ