地磁気擾乱の周期変化から推定される太陽風の空間構造とその太陽活動依存性

この論文をさがす

著者

    • 野坂, 徹 ノサカ, トオル

書誌事項

タイトル

地磁気擾乱の周期変化から推定される太陽風の空間構造とその太陽活動依存性

著者名

野坂, 徹

著者別名

ノサカ, トオル

学位授与大学

名古屋大学

取得学位

理学博士

学位授与番号

乙第3949号

学位授与年月日

1991-03-22

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 1.概要 / p1 (0005.jp2)
  3. 2.序論 / p3 (0007.jp2)
  4. 2.1 地球近傍の電磁環境と地磁気インデックス / p3 (0007.jp2)
  5. 2.2 太陽活動の現象とその周期性 / p4 (0008.jp2)
  6. 2.3 地磁気擾乱と太陽活動・太陽風 / p5 (0009.jp2)
  7. 2.4 地磁気擾乱の年周変化と黒点の南北非対称性 / p6 (0010.jp2)
  8. 2.5 回帰性地磁気擾乱とコロナホール / p6 (0010.jp2)
  9. 3.地磁気aa-indexの太陽風に対するレスポンス / p9 (0013.jp2)
  10. 3.1 解析の目的と方法 / p9 (0013.jp2)
  11. 3.2 回帰係数の太陽活動依存性 / p10 (0014.jp2)
  12. 3.3 Alfven Mach numberの導入 / p11 (0015.jp2)
  13. 3.4 Alfven Mach numberの長期変動と太陽風 / p12 (0016.jp2)
  14. 4.地磁気aa-indexの年周変化 / p14 (0018.jp2)
  15. 4.1 解析の目的と方法 / p14 (0018.jp2)
  16. 4.2 太陽黒点数の南北非対称性 / p15 (0019.jp2)
  17. 4.3 aa-indexの南北非対称性 / p16 (0020.jp2)
  18. 5.地磁気aa-indexの27日変化 / p19 (0023.jp2)
  19. 5.1 解析の目的と方法 / p19 (0023.jp2)
  20. 5.2 第1次フーリエ成分の年変化 / p21 (0025.jp2)
  21. 5.3 第2次フーリエ成分の年変化 / p21 (0025.jp2)
  22. 5.4 太陽風のストリームパターン / p22 (0026.jp2)
  23. 6.太陽風パラメータの空間分布とストリームパターン / p25 (0029.jp2)
  24. 6.1 太陽風パラメータの空間分布 / p25 (0029.jp2)
  25. 6.2 太陽風ストリームパターンとコロナホールの出現形態 / p26 (0030.jp2)
  26. 7.議論 / p28 (0032.jp2)
  27. 8.まとめ / p34 (0038.jp2)
  28. 謝辞 / p36 (0040.jp2)
  29. 参考文献 / p37 (0041.jp2)
  30. 図の説明 / p41 (0045.jp2)
  31. LONG-TERM VARIATION OF THE SOLAR WIND STREAM PATTERN IN THE DECLINING PORTION OF SOLAR ACTIVITY / p297 (0094.jp2)
  32. LONG TERM VARIATION IN THE NORTH-SOUTH ASYMMETRY OF GEOMAGNETIC ACTIVITY WITH RESPECT TO THE SOLAR EQUATORIAL PLANE / (0101.jp2)
  33. Cosmic Ray Intensity Distribution Perpendicular to the Solar Equatorial Plane / p73 (0122.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000079150
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000079354
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000243464
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ