簡易要素モデルによる薄肉殻容器の最終強度解析法に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 石鍋, 雅夫 イシナベ, マサオ

書誌事項

タイトル

簡易要素モデルによる薄肉殻容器の最終強度解析法に関する研究

著者名

石鍋, 雅夫

著者別名

イシナベ, マサオ

学位授与大学

東京理科大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第339号

学位授与年月日

1991-03-20

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p4 (0006.jp2)
  2. 1 緒論 / p7 (0009.jp2)
  3. 1.1 序 / p7 (0009.jp2)
  4. 1.2 本研究の背景 / p10 (0012.jp2)
  5. 1.3 研究概要 / p21 (0023.jp2)
  6. 2.簡易化された軸対称シェル要素による薄肉殻容器の弾塑性飛移り解析 / p33 (0035.jp2)
  7. 2.1 軸対称シェル・剛体要素モデルの定式化 / p33 (0035.jp2)
  8. 2.2 弾塑性飛移り解析及び金属容器への応用 / p38 (0040.jp2)
  9. 2.3 金属容器底部の耐圧実験 / p45 (0047.jp2)
  10. 2.4 結論 / p47 (0049.jp2)
  11. 3.簡易要素モデルによる薄肉殼構造の最終強度解析 / p49 (0051.jp2)
  12. 3.1 ラグランジュ表示による定式化 / p50 (0052.jp2)
  13. 3.2 数値解析例 / p65 (0067.jp2)
  14. 3.3 本簡易解析法の計算効率の評価 / p78 (0080.jp2)
  15. 3.4 結論 / p80 (0082.jp2)
  16. 4.簡易要素モデルによる薄肉殻構造の圧壊解析 / p83 (0085.jp2)
  17. 4.1 更新ラグランジュ表示による定式化 / p84 (0086.jp2)
  18. 4.2 角型鋼管および円筒鋼管の圧壊解析 / p90 (0092.jp2)
  19. 4.3 結論 / p104 (0106.jp2)
  20. 5 簡易要素モデルによる薄肉殻金属容器の弾塑性飛移り解析 / p110 (0112.jp2)
  21. 5.1 準静的な飛移り(SNAP-THROUGH)現象の一解析法 / p113 (0115.jp2)
  22. 5.2 金属容器の非軸対称弾塑性飛移り解析 / p122 (0124.jp2)
  23. 5.3 結論 / p131 (0133.jp2)
  24. 6.ペナルテイーカを用いた接触問題の一解析法 / p136 (0138.jp2)
  25. 6.1 接触問題の一般的な解析法 / p138 (0140.jp2)
  26. 6.2 ペナルテイーカを用いた接触問題の一解析法 / p142 (0144.jp2)
  27. 6.3 解析例 / p154 (0156.jp2)
  28. 6.4 結論 / p159 (0161.jp2)
  29. 7 結論 / p163 (0165.jp2)
  30. 7.1 簡易要素モデルによる解析法の設計への利用 / p163 (0165.jp2)
  31. 7.2 研究成果の要約 / p165 (0167.jp2)
  32. 付録 有限要素法の平面シェル要素による弾塑性大変形解析 / p172 (0174.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000079208
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000079412
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000243522
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ