政府開発援助の政治過程 : 日本の対タイ援助

この論文をさがす

著者

    • Athipat Bamroong アティパット バムルーング

書誌事項

タイトル

政府開発援助の政治過程 : 日本の対タイ援助

著者名

Athipat Bamroong

著者別名

アティパット バムルーング

学位授与大学

神戸大学

取得学位

法学博士

学位授与番号

甲第967号

学位授与年月日

1991-03-31

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0005.jp2)
  2. 序章 / p4 (0009.jp2)
  3. 第1節 問題の設定 / p4 (0009.jp2)
  4. 第2節 分析枠組 / p6 (0011.jp2)
  5. 第1章 政府開発援助(ODA) / p11 (0016.jp2)
  6. 第1節 政府開発援助とは / p11 (0016.jp2)
  7. 第2節 ODAの根拠 / p13 (0018.jp2)
  8. 1 受入国 / p13 (0018.jp2)
  9. II 開発理論の展開 / p14 (0019.jp2)
  10. III 供与国 / p17 (0022.jp2)
  11. 第3節 ODAの決定システム / p20 (0025.jp2)
  12. I 共与国 / p20 (0025.jp2)
  13. II 受入国 / p24 (0029.jp2)
  14. 第4節 ODAの問題点 / p28 (0033.jp2)
  15. 第2章 日本とタイ援助関係 / p37 (0042.jp2)
  16. 第1節 日本のODA政策の展開 / p37 (0042.jp2)
  17. I 1950年初めから半ばまで:賠償による援助の開始 / p37 (0042.jp2)
  18. II 1960年代末から半ばまで:円借款への開始 / p39 (0044.jp2)
  19. III 1960年代半ばから70年代末まで:援助の本格化 / p41 (0046.jp2)
  20. IV 1970年代末以降:援助による「国際的貢献」 / p41 (0046.jp2)
  21. 第2節 日本の対タイODA政策の展開 / p44 (0049.jp2)
  22. I 1955-60年代:輸出の尖兵 / p44 (0049.jp2)
  23. II 1970年代始-70年代末:反日運動とその対応 / p45 (0050.jp2)
  24. III 70年代末-80年代始:カンボジア紛争の影響 / p46 (0051.jp2)
  25. IV 80年代半ば以後:開発協力の安定化 / p47 (0052.jp2)
  26. 第3節 タイのODA受入政策 / p49 (0054.jp2)
  27. I タイの経済開発計画 / p49 (0054.jp2)
  28. II 日本ODAの位置付け / p51 (0057.jp2)
  29. 第3章 日本のODA政策決定システム / p64 (0070.jp2)
  30. 第1節 日本政府の援助理念 / p64 (0070.jp2)
  31. 第2節 決定システム / p66 (0072.jp2)
  32. I 無償資金援助 / p66 (0072.jp2)
  33. II 有償資金援助 / p72 (0078.jp2)
  34. 第4章 タイのODA受入決定システム / p81 (0086.jp2)
  35. 第1節 受入基準 / p81 (0086.jp2)
  36. 第2節 決定システム / p82 (0088.jp2)
  37. I 無償資金援助 / p83 (0089.jp2)
  38. II 有償資金援助 / p87 (0093.jp2)
  39. 第3節 日タイの決定システムの相互作用 / p91 (0097.jp2)
  40. 第5章 日本の対タイ援助:ケース・スタディー・1「東部臨海工業地帯開発計画」をめぐる援助決定 / p94 (0100.jp2)
  41. ・背景 / p94 (0100.jp2)
  42. ・タイ政府内の「推進派」と「批判派」の対立 / p95 (0101.jp2)
  43. ・世界銀行への援助要請の挫折 / p97 (0103.jp2)
  44. ・円借款への期待と日本側の協力 / p99 (0105.jp2)
  45. ・経企庁主導の援助決定 / p103 (0109.jp2)
  46. 第6章 日本の対タイ援助:ケース・スタディー・2「肥料工場建設計画」をめぐる援助決定 / p112 (0118.jp2)
  47. ・背景 / p112 (0118.jp2)
  48. ・NESDBと経済企画庁の連携プレー / p113 (0119.jp2)
  49. ・タイ側の調整 / p115 (0121.jp2)
  50. ・NESDBの攻勢と援助の決定 / p116 (0122.jp2)
  51. ・経済環境の変化とタイ大蔵省の巻き返し / p118 (0124.jp2)
  52. ・「計画」の見直し / p120 (0126.jp2)
  53. 第7章 日本の対タイ援助:ケース・スタディー・3「タイ社会教育文化センター建設計画」 / p125 (0131.jp2)
  54. ・背景 / p125 (0131.jp2)
  55. ・駐タイ日本大使館の活躍 / p127 (0133.jp2)
  56. ・タイ側の反応 / p129 (0135.jp2)
  57. ・日本大使館の裏工作 / p131 (0137.jp2)
  58. ・DTECの抵抗 / p132 (0138.jp2)
  59. ・予定地決定の遅れと中曽根の訪タイ / p134 (0140.jp2)
  60. ・設計問題の発生 / p136 (0142.jp2)
  61. ・外務省の反応 / p138 (0144.jp2)
  62. ・その後の文化センター / p139 (0145.jp2)
  63. 終章 / p144 (0150.jp2)
  64. I 官僚機構の主導的役割と「官僚政治」 / p144 (0150.jp2)
  65. II 少ない政治家・企業の関与 / p146 (0152.jp2)
  66. III 日本ODAの展望 / p147 (0153.jp2)
  67. 参考文献 / p151 (0157.jp2)
12アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000079247
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000079451
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000243561
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ