路盤材としての鉄鋼スラグの等値換算係数について

この論文をさがす

著者

    • 河端, 薫 カワバタ, カオル

書誌事項

タイトル

路盤材としての鉄鋼スラグの等値換算係数について

著者名

河端, 薫

著者別名

カワバタ, カオル

学位授与大学

神戸大学

取得学位

学術博士

学位授与番号

乙第1515号

学位授与年月日

1991-03-18

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 表目次 / p6 (0008.jp2)
  3. 図目次 / p9 (0011.jp2)
  4. 写真目次 / p14 (0016.jp2)
  5. 第1章 緒論 / p1 (0017.jp2)
  6. 1.1 概説 / p1 (0017.jp2)
  7. 1.2 本論文の概要 / p4 (0020.jp2)
  8. 参考文献 / p6 (0022.jp2)
  9. 第2章 鉄鋼スラグ概説 / p7 (0023.jp2)
  10. 2.1 鉄鋼スラグの生成 / p7 (0023.jp2)
  11. 2.2 鉄鋼スラグの基礎性状 / p9 (0025.jp2)
  12. 2.3 鉄鋼スラグの水硬性の活用 / p20 (0036.jp2)
  13. 2.4 まとめ / p21 (0037.jp2)
  14. 参考文献 / p23 (0039.jp2)
  15. 第3章 鉄鋼スラグの路盤材としての特性 / p24 (0040.jp2)
  16. 3.1 概説 / p24 (0040.jp2)
  17. 3.2 鉄鋼スラグの組み合わせによる路盤材としての性能 / p27 (0043.jp2)
  18. 3.3 実路舗装試験による鉄鋼スラグの硬化現象の確認 / p40 (0056.jp2)
  19. 3.4 まとめ / p49 (0065.jp2)
  20. 参考文献 / p51 (0067.jp2)
  21. 第4章 路盤材としての鉄鋼スラグの力学的特性 / p52 (0068.jp2)
  22. 4.1 概説 / p52 (0068.jp2)
  23. 4.2 復元変形特性 / p52 (0068.jp2)
  24. 4.3 残留変形特性 / p69 (0085.jp2)
  25. 4.4 疲労特性 / p74 (0090.jp2)
  26. 4.5 水硬性に及ぼす影響因子 / p88 (0104.jp2)
  27. 4.6 まとめ / p94 (0110.jp2)
  28. 参考文献 / p97 (0113.jp2)
  29. 第5章 円形走行試験におけるアスファルト舗装の挙動とその解析 / p98 (0114.jp2)
  30. 5.1 概説 / p98 (0114.jp2)
  31. 5.2 円形走行試験の概要 / p98 (0114.jp2)
  32. 5.3 円形走行試験における舗装挙動 / p104 (0120.jp2)
  33. 5.4 円形走行試験における舗装挙動の解析 / p112 (0128.jp2)
  34. 5.5 まとめ / p134 (0150.jp2)
  35. 参考文献 / p136 (0152.jp2)
  36. 第6章 鉄鋼スラグ路盤の等値換算係数について / p138 (0154.jp2)
  37. 6.1 概説 / p138 (0154.jp2)
  38. 6.2 間接的な方法を用いた等値換算係数の推定 / p138 (0154.jp2)
  39. 6.3 直接的な方法を用いた等値換算係数の推定 / p150 (0166.jp2)
  40. 6.4 現行の構造設計法に準じた鉄鋼スラグ舗装断面の検証 / p153 (0169.jp2)
  41. 6.5 まとめ / p165 (0181.jp2)
  42. 参考文献 / p167 (0183.jp2)
  43. 第7章 結論 / p168 (0184.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000079377
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000079581
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000243691
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ