高周波数域での固体音伝播解析法と実機構造への応用に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 織田, 光秋 オダ, ミツアキ

書誌事項

タイトル

高周波数域での固体音伝播解析法と実機構造への応用に関する研究

著者名

織田, 光秋

著者別名

オダ, ミツアキ

学位授与大学

大阪府立大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第663号

学位授与年月日

1991-07-20

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 主な記号一覧表 / p4 (0005.jp2)
  3. 第1章 緒論 / p1 (0008.jp2)
  4. 1.1 はじめに / p1 (0008.jp2)
  5. 1.2 固体音伝播解析法の現状 / p1 (0008.jp2)
  6. 1.3 本論文の目的 / p6 (0011.jp2)
  7. 1.4 本論文の概要 / p7 (0011.jp2)
  8. 第2章 立体板構造物の固体音伝播解析法 / p10 (0013.jp2)
  9. 2.1 まえがき / p10 (0013.jp2)
  10. 2.2 ランダム加振による板の高次振動応答特性 / p13 (0014.jp2)
  11. 2.3 実構造物の固体音伝播解析法 / p23 (0019.jp2)
  12. 2.4 数値計算の例 / p32 (0024.jp2)
  13. 2.5 実構造物の計算例 / p42 (0029.jp2)
  14. 2.6 あとがき / p53 (0034.jp2)
  15. 第3章 高周波数域での防振、制振効果の予測法 / p54 (0035.jp2)
  16. 3.1 まえがき / p54 (0035.jp2)
  17. 3.2 二重防振支持効果の予測法 / p57 (0036.jp2)
  18. 3.3 制振材料の適用効果予測法 / p78 (0047.jp2)
  19. 3.4 あとがき / p90 (0053.jp2)
  20. 第4章 音響加振による振動の解析法 / p91 (0053.jp2)
  21. 4.1 まえがき / p91 (0053.jp2)
  22. 4.2 ロケット打上げ時のフェアリングまわりの音圧レベル予測法 / p94 (0055.jp2)
  23. 4.3 フェアリングの振動レベルの予測法 / p101 (0058.jp2)
  24. 4.4 フェアリング内の音圧レベルの予測法 / p107 (0061.jp2)
  25. 4.5 模型試験との対比による予測法の検証 / p117 (0066.jp2)
  26. 4.6 実機ロケット打上げ時の予測と実測 / p140 (0078.jp2)
  27. 4.7 あとがき / p158 (0087.jp2)
  28. 第5章 結論 / p159 (0087.jp2)
  29. 参考文献 / p163 (0089.jp2)
  30. 謝辞 / p172 (0094.jp2)
5アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000079563
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000079767
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000243877
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ