嗅感覚のモデル化にもとづく環境臭気の評価に関する基礎的研究

この論文をさがす

著者

    • 大迫, 政治 オオサコ, マサヒロ

書誌事項

タイトル

嗅感覚のモデル化にもとづく環境臭気の評価に関する基礎的研究

著者名

大迫, 政治

著者別名

オオサコ, マサヒロ

学位授与大学

京都大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

甲第4875号

学位授与年月日

1991-06-29

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p1 (0004.jp2)
  3. 緒論 / p1 (0008.jp2)
  4. 第1節 ヒトの感覚と感覚公害 / p1 (0008.jp2)
  5. 第2節 嗅感覚事象(悪臭事象) / p2 (0009.jp2)
  6. 第3節 本研究の目的と概要 / p2 (0009.jp2)
  7. 第1章 嗅覚の定量的評価方法に関する考察 / p5 (0010.jp2)
  8. 第1節 概論 / p5 (0010.jp2)
  9. 第2節 程度表現語の数値的検討にもとづく評定尺度の構成 / p5 (0010.jp2)
  10. 2-1 はじめに / p5 (0010.jp2)
  11. 2-2 調査および実験方法 / p7 (0011.jp2)
  12. 2-3 調査および実験結果 / p10 (0013.jp2)
  13. 2-4 考察 / p13 (0014.jp2)
  14. 2-5 まとめ / p17 (0016.jp2)
  15. 第3節 評定尺度法とマグニチュ-ド評価法の相違点 / p18 (0017.jp2)
  16. 3-1 はじめに / p18 (0017.jp2)
  17. 3-2 評定尺度法とマグニチュード評価法 / p19 (0017.jp2)
  18. 3-3 実験方法(知覚強度の測定) / p19 (0017.jp2)
  19. 3-4 解析方法 / p20 (0018.jp2)
  20. 3-5 結果と考察 / p21 (0018.jp2)
  21. 3-6 まとめ / p26 (0021.jp2)
  22. 第4節 結語 / p27 (0021.jp2)
  23. 参考文献 / p28 (0022.jp2)
  24. 第2章 臭気物質濃度と知覚強度の関連性(嗅覚機構を考慮したモデル式の提示) / p31 (0023.jp2)
  25. 第1節 概論 / p31 (0023.jp2)
  26. 第2節 モデル式(嗅覚方程式)の誘導 / p32 (0024.jp2)
  27. 第3節 嗅覚方程式への適合性実験 / p39 (0027.jp2)
  28. 3-1 実験方法 / p39 (0027.jp2)
  29. 3-2 実験および解析結果 / p42 (0029.jp2)
  30. 3-3 考察 / p46 (0031.jp2)
  31. 第4節 結語 / p51 (0033.jp2)
  32. 参考文献 / p53 (0034.jp2)
  33. 第3章 知覚強度と快・不快度の関連性 / p55 (0035.jp2)
  34. 第1節 概論 / p55 (0035.jp2)
  35. 第2節 知覚強度に対する快・不快度の変動特性 / p55 (0035.jp2)
  36. 2-1 はじめに / p55 (0035.jp2)
  37. 2-2 実験方法 / p56 (0036.jp2)
  38. 2-3 実験結果と考察 / p57 (0036.jp2)
  39. 2-4 まとめ / p61 (0038.jp2)
  40. 第3節 知覚強度(感覚的強度)の判定に対する快・不快性の影響(生理的強度と感覚的強度) / p61 (0038.jp2)
  41. 3-1 はじめに / p61 (0038.jp2)
  42. 3-2 生理的強度と感覚的強度 / p62 (0039.jp2)
  43. 3-3 実験および解析方法 / p63 (0039.jp2)
  44. 3-4 実験結果 / p64 (0040.jp2)
  45. 3-5 考察(心理的影響因子αと快・不快性の関係) / p66 (0041.jp2)
  46. 3-6 まとめ / p67 (0041.jp2)
  47. 第4節 結語 / p67 (0041.jp2)
  48. 参考文献 / p68 (0042.jp2)
  49. 第4章 臭気成分間の感覚的相互作用(中和・相殺およびマスキング効果による消臭) / p70 (0043.jp2)
  50. 第1節 概論 / p70 (0043.jp2)
  51. 第2節 感覚的相互作用の定義(中和・相殺およびマスキング効果の現象論的定義) / p70 (0043.jp2)
  52. 第3節 感覚的消臭のメカニズムに関する従来の研究 / p71 (0043.jp2)
  53. 3-1 感覚的中和・相殺作用のメカニズム / p71 (0043.jp2)
  54. 3-2 マスキング作用のメカニズム / p72 (0044.jp2)
  55. 第4節 視覚および聴覚における感覚的相互作用との対比 / p73 (0044.jp2)
  56. 第5節 芳香成分による悪臭の感覚的消臭実験 / p74 (0045.jp2)
  57. 5-1 はじめに / p74 (0045.jp2)
  58. 5-2 実験方法 / p74 (0045.jp2)
  59. 5-3 実験結果および考察 / p76 (0046.jp2)
  60. 第6節 結語 / p84 (0050.jp2)
  61. 参考文献 / p85 (0050.jp2)
  62. 第5章 嗅覚閾値と臭気物質の物理化学的特性の関連性 / p88 (0052.jp2)
  63. 第1節 概論 / p88 (0052.jp2)
  64. 第2節 脂質親和性との相関性I(リン脂質コーティング剤充塡カラムを用いたGC分析による保持時間との関係) / p88 (0052.jp2)
  65. 2-1 はじめに / p88 (0052.jp2)
  66. 2-2 脂質親和性指標 / p89 (0052.jp2)
  67. 2-3 実験方法 / p90 (0053.jp2)
  68. 2-4 実験結果 / p93 (0054.jp2)
  69. 2-5 考察 / p97 (0056.jp2)
  70. 2-6 まとめ / p101 (0058.jp2)
  71. 第3節 脂質親和性との相関性II(飽和蒸気圧との関係) / p102 (0059.jp2)
  72. 3-1 はじめに / p102 (0059.jp2)
  73. 3-2 脂質への吸着、溶解性指標としての飽和蒸気圧 / p102 (0059.jp2)
  74. 3-3 解析方法 / p104 (0060.jp2)
  75. 3-4 解析結果および考察 / p105 (0060.jp2)
  76. 3-5 まとめ / p111 (0063.jp2)
  77. 第4節 量子力学的反応性指標との相関性 / p111 (0063.jp2)
  78. 4-1 はじめに / p111 (0063.jp2)
  79. 4-2 量子化学的反応性指標 / p112 (0064.jp2)
  80. 4-3 検討方法 / p113 (0064.jp2)
  81. 4-4 検討結果 / p113 (0064.jp2)
  82. 4-5 まとめ / p120 (0068.jp2)
  83. 第5節 結語 / p121 (0068.jp2)
  84. 参考文献 / p123 (0069.jp2)
  85. 第6章 刺激性臭気物質の刺激性感覚と物理学的特性の関連性(等価刺激度濃度の測定) / p125 (0070.jp2)
  86. 第1節 概論 / p125 (0070.jp2)
  87. 第2節 被験者のトレーニング / p126 (0071.jp2)
  88. 2-1 はじめに / p126 (0071.jp2)
  89. 2-2 トレーニング方法 / p126 (0071.jp2)
  90. 2-3 被験者のトレーニングの結果 / p127 (0071.jp2)
  91. 2-4 等価刺激度濃度の測定手順の決定 / p129 (0072.jp2)
  92. 第3節 等価刺激度濃度の測定 / p130 (0073.jp2)
  93. 3-1 はじめに / p130 (0073.jp2)
  94. 3-2 実験および解析方法 / p131 (0073.jp2)
  95. 3-3 等価刺激度濃度の測定結果 / p133 (0074.jp2)
  96. 第4節 等価刺激度濃度と物理化学的特性との関連性 / p135 (0075.jp2)
  97. 4-1 はじめに / p135 (0075.jp2)
  98. 4-2 分子の物理化学的バラメータの選定と算出法 / p135 (0075.jp2)
  99. 4-3 各臭気物質の等価刺激度濃度[化学式]と物理化学的パラメータとの関係 / p136 (0076.jp2)
  100. 4-4 まとめ / p138 (0077.jp2)
  101. 第4節 結語 / p139 (0077.jp2)
  102. 参考文献 / p140 (0078.jp2)
  103. 第7章 臭気物質のにおい質と物理化学的特性との相関性 / p142 (0079.jp2)
  104. 第1節 概論 / p142 (0079.jp2)
  105. 第2節 におい質の計量心理学的分類と質的特徴の抽出 / p144 (0080.jp2)
  106. 2-1 はじめに / p144 (0080.jp2)
  107. 2-2 実験方法および解析方法 / p144 (0080.jp2)
  108. 2-3 クラスター分析の結果と考察 / p147 (0081.jp2)
  109. 2-4 まとめ / p164 (0090.jp2)
  110. 第3節 脂肪族化合物のにおい質と脂質親和性との相関性 / p166 (0091.jp2)
  111. 3-1 はじめに / p166 (0091.jp2)
  112. 3-2 解析方法 / p167 (0091.jp2)
  113. 3-3 解析結果と考察 / p168 (0092.jp2)
  114. 3-4 まとめ / p172 (0094.jp2)
  115. 第4節 芳香族化合物における置換基の物理化学的特性とにおい質の関連性 / p172 (0094.jp2)
  116. 4-1 はじめに / p172 (0094.jp2)
  117. 4-2 実験方法 / p172 (0094.jp2)
  118. 4-3 におい質と物理化学的特性の相関性の検討方法 / p174 (0095.jp2)
  119. 4-4 実験結果および考察 / p176 (0096.jp2)
  120. 4-5 まとめ / p184 (0100.jp2)
  121. 第6節 結語 / p184 (0100.jp2)
  122. 参考文献 / p186 (0101.jp2)
  123. 付録(実験対象物質の構造式一覧) / p189 (0102.jp2)
  124. 第8章 嗅覚順応モデルの提案 / p195 (0105.jp2)
  125. 第1節 概論 / p195 (0105.jp2)
  126. 第2節 順応モデルの誘導 / p195 (0105.jp2)
  127. 第3節 順応現象とシミュレーション結果の対応 / p201 (0108.jp2)
  128. 3-1 物質濃度と順応の関係 / p202 (0109.jp2)
  129. 3-2 結合速度定数k₁および脱離速度定数k₋₁と順応の関係 / p202 (0109.jp2)
  130. 3-3 レセプター分子の総数Nと順応の関係 / p203 (0109.jp2)
  131. 第4節 順応を考慮したにおいのコントロールに関する若干の考察 / p205 (0110.jp2)
  132. 第5節 結語 / p207 (0111.jp2)
  133. 参考文献 / p208 (0112.jp2)
  134. 付録(嗅覚順応モデルプログラム) / p210 (0113.jp2)
  135. 第9章 複合臭の知覚強度およびにおい質の評価モデルの検討 / p211 (0113.jp2)
  136. 第1節 概論 / p211 (0113.jp2)
  137. 第2節 嗅覚機構における理論的前提条件 / p211 (0113.jp2)
  138. 第3節 モデルの誘導 / p212 (0114.jp2)
  139. 3-1 生理的強度と感覚的強度 / p212 (0114.jp2)
  140. 3-2 生理的強度の推定モデル / p213 (0114.jp2)
  141. 3-3 感覚的強度の推定モデル / p214 (0115.jp2)
  142. 3-4 複合臭のにおい質の推定モデル / p214 (0115.jp2)
  143. 第4節 標準臭の推定 / p215 (0115.jp2)
  144. 4-1 はじめに / p215 (0115.jp2)
  145. 4-2 実験および解析方法 / p215 (0115.jp2)
  146. 4-3 実験結果および考察 / p220 (0118.jp2)
  147. 4-4 まとめ / p225 (0120.jp2)
  148. 第5節 複合臭の知覚強度およびにおい質の評価モデルの実証実験 / p226 (0121.jp2)
  149. 5-1 はじめに / p226 (0121.jp2)
  150. 5-2 実験および解析方法 / p226 (0121.jp2)
  151. 5-3 実験結果および考察 / p228 (0122.jp2)
  152. 5-4 まとめ / p232 (0124.jp2)
  153. 第6節 結語 / p233 (0124.jp2)
  154. 参考文献 / p234 (0125.jp2)
  155. 第10章 結論 / p237 (0126.jp2)
  156. 参考文献 / p247 (0131.jp2)
  157. 謝辞 / p248 (0132.jp2)
37アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000079626
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000079830
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000243940
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ