架橋型湿式紡糸法による高強力・高弾性率ポリビニルアルコール繊維の製造技術に関する基礎的研究

この論文をさがす

著者

    • 藤原, 弘史 フジワラ, ヒロシ

書誌事項

タイトル

架橋型湿式紡糸法による高強力・高弾性率ポリビニルアルコール繊維の製造技術に関する基礎的研究

著者名

藤原, 弘史

著者別名

フジワラ, ヒロシ

学位授与大学

京都大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第7579号

学位授与年月日

1991-06-29

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / p1 (0001.jp2)
  2. 内容目次 / p1 (0004.jp2)
  3. 第1章 序論 / p1 (0007.jp2)
  4. 1.1 PVAの一般的性質 / p2 (0008.jp2)
  5. 1.2 PVA繊維紡糸法の種類と変遷 / p4 (0009.jp2)
  6. 1.3 高強力PVA繊維の主な紡糸法と開発動向 / p6 (0010.jp2)
  7. 1.4 ホウ酸添加アルカリ浴紡糸の発展と経緯 / p10 (0012.jp2)
  8. 1.5 本実験テーマの選定理由と目的 / p11 (0012.jp2)
  9. 1.6 本研究の概要 / p14 (0014.jp2)
  10. 第2章 ¹¹B-n.m.r.スペクトルによるポリビニルアルコールとホウ酸の反応に関する研究 / p20 (0017.jp2)
  11. 2.1 緒言 / p21 (0017.jp2)
  12. 2.2 実験 / p23 (0018.jp2)
  13. 2.3 結果と考察 / p25 (0019.jp2)
  14. 2.4 結論 / p42 (0028.jp2)
  15. 第3章 ポリビニルアルコール~ホウ酸架橋物のゾル~ゲル転移 / p45 (0029.jp2)
  16. 3.1 緒言 / p45 (0029.jp2)
  17. 3.2 実験 / p47 (0030.jp2)
  18. 3.3 結果 / p48 (0031.jp2)
  19. 3.4 考察 / p54 (0034.jp2)
  20. 3.5 結論 / p69 (0041.jp2)
  21. 第4章 架橋型湿式紡糸法によるポリビニルアルコール繊維の製造条件の検討 / p75 (0044.jp2)
  22. 4.1 緒言 / p76 (0045.jp2)
  23. 4.2 実験 / p78 (0046.jp2)
  24. 4.3 結果と考察 / p82 (0048.jp2)
  25. 4.4 最適紡糸条件と紡糸法のまとめ / p123 (0068.jp2)
  26. 第5章 架橋型湿式紡糸法で製造したポリビニルアルコール繊維の構造と物性 / p125 (0069.jp2)
  27. 5.1 緒言 / p126 (0070.jp2)
  28. 5.2 実験 / p128 (0071.jp2)
  29. 5.3 結果と考察 / p135 (0074.jp2)
  30. 5.4 結論 / p160 (0087.jp2)
  31. 第6章 架橋型湿式紡糸法によるPVA太繊度モノフィラメント繊維の製造と繊維の構造 / p162 (0088.jp2)
  32. 6.1 緒言 / p163 (0088.jp2)
  33. 6.2 架橋型湿式紡糸法の架橋凝固機構と太繊度紡糸 / p164 (0089.jp2)
  34. 6.3 実験 / p167 (0090.jp2)
  35. 6.4 結果と考察 / p173 (0093.jp2)
  36. 6.5 総括 / p197 (0105.jp2)
  37. 謝辞 / p200 (0107.jp2)
  38. 参考論文 / p201 (0107.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000079651
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000079855
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000243965
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ