シュルツとマルクス : 「近代」の自己認識 シュルツ ト マルクス : キンダイ ノ ジコ ニンシキ

この論文をさがす

著者

    • 植村, 邦彦, 1952- ウエムラ, クニヒコ

書誌事項

タイトル

シュルツとマルクス : 「近代」の自己認識

タイトル別名

シュルツ ト マルクス : キンダイ ノ ジコ ニンシキ

著者名

植村, 邦彦, 1952-

著者別名

ウエムラ, クニヒコ

学位授与大学

一橋大学

取得学位

社会学博士

学位授与番号

乙第91号

学位授与年月日

1991-07-10

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 序章 時代の思想としての「唯物論的歴史観」-シュルツとその時代- / p7 (0006.jp2)
  3. 第一部 「近代」の自己認識 / (0013.jp2)
  4. 第一章 歴史認識の方法としての「統計学」 / p23 (0014.jp2)
  5. 一 「統計学」のドイツ的系譜 / p23 (0014.jp2)
  6. 二 シュルツの統計学の歴史的位置 / p28 (0017.jp2)
  7. 三 歴史・統計・政治 / p33 (0019.jp2)
  8. 四 生産諸力の統計学 / p38 (0022.jp2)
  9. 五 チェシコフスキとシュルツ / p43 (0024.jp2)
  10. 第二章 「もう一つの唯物論的歴史観」 / p49 (0027.jp2)
  11. 一 『生産の運動』の問題意識 / p49 (0027.jp2)
  12. 二 分業と生産諸力の歴史哲学 / p53 (0029.jp2)
  13. 三 「横倒しにされた世界史」 / p58 (0032.jp2)
  14. 四 資本主義の「社会的弊害」 / p64 (0035.jp2)
  15. 五 グリューンとシュルツ / p69 (0037.jp2)
  16. 第三章 「アジア的なるもの」をめぐって / p75 (0040.jp2)
  17. 一 「三月前」期における「アジア」 / p75 (0040.jp2)
  18. 二 リストにおける「アジア的停滞性」と植民 / p79 (0042.jp2)
  19. 三 「アジア的専制国家」批判 / p86 (0046.jp2)
  20. 四 アジアの「近代化」とドイツ革命 / p92 (0049.jp2)
  21. 五 「近代」の自己認識と「アジア」 / p96 (0051.jp2)
  22. 第四章 リストとシュルツ / p101 (0053.jp2)
  23. 一 二人の「デモクラート」 / p101 (0053.jp2)
  24. 二 「生産諸力」概念 / p106 (0056.jp2)
  25. 三 歴史の発展段階論 / p113 (0059.jp2)
  26. 四 時論としての社会認識 / p118 (0062.jp2)
  27. 第二部 社会変革の構想 / (0065.jp2)
  28. 第五章 アソツィアツィオンの構想 / p127 (0066.jp2)
  29. 一 「アソシアシオン」から「アソツィアツィオン」へ / p127 (0066.jp2)
  30. 二 オウエン、サン・シモン、フーリエへの批判と評価 / p132 (0069.jp2)
  31. 三 労働者の自発的協同組織としての「アソツィアツィオーネン」 / p138 (0072.jp2)
  32. 四 「労働者のアソツィアツィオン」か「共産主義」か / p141 (0073.jp2)
  33. 第六章 自由時間と民主制 / p149 (0077.jp2)
  34. 一 一八三○年代の「民主制」構想 / p149 (0077.jp2)
  35. 二 「自由時間」と民主制 / p154 (0080.jp2)
  36. 三 国民経済学の時間論 / p162 (0084.jp2)
  37. 四 ルーゲとシュルツ / p169 (0087.jp2)
  38. 第七章 所有の歴史理論 / p177 (0091.jp2)
  39. 一 「共産主義」批判と所有論 / p177 (0091.jp2)
  40. 二 人間本性と「個体的所有」 / p182 (0094.jp2)
  41. 三 所有の歴史的諸形態 / p187 (0096.jp2)
  42. 四 「自由なアソツィアツィオン」と個体的所有の再建 / p198 (0102.jp2)
  43. 第八章 ヘスとシュルツ / p205 (0105.jp2)
  44. 一 「貨幣の廃棄」をめぐる論争 / p205 (0105.jp2)
  45. 二 ヘスにおける貨幣 / p212 (0109.jp2)
  46. 三 シュルツにおける貨幣 / p221 (0113.jp2)
  47. 四 論争の終結とその意味 / p230 (0118.jp2)
  48. 終章 シュルツとマルクス / p237 (0121.jp2)
  49. 一 マルクスにとってのシュルツ(一) / p237 (0121.jp2)
  50. 二 シュルツにとってのマルクス / p247 (0126.jp2)
  51. 三 マルクスにとってのシュルツ(二) / p256 (0131.jp2)
  52. 四 「近代」の自己認識と社会変革の構想 / p261 (0133.jp2)
  53. あとがき / p273 (0139.jp2)
  54. 参照文献目録 / p297 (0151.jp2)
  55. 人名索引 / p302 (0154.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000079797
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001002766
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000244111
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ