マウス顎下腺におけるマルチホルモン調節系の分子生物学的解析

この論文をさがす

著者

    • 黒澤, 信幸 クロサワ, ノブユキ

書誌事項

タイトル

マウス顎下腺におけるマルチホルモン調節系の分子生物学的解析

著者名

黒澤, 信幸

著者別名

クロサワ, ノブユキ

学位授与大学

富山医科薬科大学

取得学位

薬学博士

学位授与番号

甲第138号

学位授与年月日

1991-03-20

注記・抄録

博士論文

マウス顎下腺は男性ホルモンや甲状腺ホルモンなどの標的臓器として知られている。この組織には,表皮成長因子(EGF)や神経成長因子(NGF)などの他に,カリクレインファミリーに属するプロテアーゼが高濃度に存在している。マウス顎下線に存在するこれら生理活性に関与する蛋白質は,男性ホルモンや甲状腺ホルモンなどの変化に鋭敏に反応するため,マルチホルモン調節作用を解析するための恰好の実験材料として注目されてきた。特に顎下腺に存在する一連のプロテアーゼは組織特異的でしかもその測定法が容易であることから,ホルモン作用を解析するための指標酵素として用いられてきた。また顎下線から単離された数種類のプロテアーゼは,EGFやNGFなどの成長因子に結合する性質を持つことから,顎下腺に存在するプロテアーゼの機能として生理活性因子調節作用が示唆されてきた。単離されたプロテアーゼのアミノ酸配列をもとに,現在までに24種類ものカリクレイン様遺伝子がクローニングされ,遺伝子レベルからの機館解析も行なわれるようになった。近年分子生物学の著しい進歩により,多くのステロイドホルモン受容体遺伝子がクローニングされ,その結果ホルモン―受容体―遺伝子活性化に至る機構が次第に解明されるようになった。顎下腺に存在するEGF,NGF及ぴプロテアーゼは,組織特異的で,しかも複数のホルモンによる調節を受けることから,これら蛋白質をコードする遺伝子のホルモンによる転写活性化機構の解析を行うことは,組織特異的マルチホルモン調節機構解明のため重要である。本研究ではマウス顎下線に多種多量に存在するプロテアーゼに特に注目し,顎下線プロテアーゼのホルモン投与による影響を蛋白質レベル及び遺伝子レベルで解析した。

第I章に,ホルモン作用を有する薬物の簡便なスクリーニング法として,唾液プロテアーゼ活性測定法を,第II章に顎下線プロテアーゼの諸性質を明らかとするために行ったプロテアーゼ活性の基質特異性に基づく分類を,第III章にEGF,NGF及びプロテアーゼ遺伝子発現の解析を行った結果を記す。

富山医科薬科大学・薬学博士・甲第138号・黒澤信幸・1991/3/20

目次

  1. 目次 / (0004.jp2)
  2. 第l章 男性ホルモンの指標酵素として有用なマウス唾液プロテアーゼ / p1 (0006.jp2)
  3. 緒論 / p1 (0006.jp2)
  4. 材料と方法 / p2 (0007.jp2)
  5. 1.材料 / p2 (0007.jp2)
  6. 2.マウス唾液採取法 / p2 (0007.jp2)
  7. 3.マウス唾液プロテアーゼ活性測定法 / p2 (0007.jp2)
  8. 4.電気泳動用試料 / p3 (0008.jp2)
  9. 5.電気泳動法 / p3 (0008.jp2)
  10. 6.プロテアーゼ活性検出法 / p4 (0009.jp2)
  11. 実験結果 / p5 (0010.jp2)
  12. 考察 / p9 (0014.jp2)
  13. 参考文献 / p11 (0016.jp2)
  14. 第II章 マウス顎下腺プロテアーゼの基質特異性に基づく分類 / p13 (0018.jp2)
  15. 緒論 / p13 (0018.jp2)
  16. 材料と方法 / p14 (0019.jp2)
  17. 1.顎下腺試料調製法 / p14 (0019.jp2)
  18. 2.電気泳動法 / p14 (0019.jp2)
  19. 3.プロテアーゼ活性測定法 / p15 (0020.jp2)
  20. 実験結果 / p16 (0021.jp2)
  21. 考察 / p19 (0024.jp2)
  22. 参考文献 / p24 (0029.jp2)
  23. 第III章 マウス顎下腺における遺伝子発現 / p26 (0031.jp2)
  24. 緒論 / p26 (0031.jp2)
  25. 材料と方法 / p27 (0032.jp2)
  26. 1.材料 / p27 (0032.jp2)
  27. 2.マウス組織からのRNA抽出法 / p27 (0032.jp2)
  28. 3.ポリメラーゼチェーンリアクション法 / p28 (0033.jp2)
  29. 5.ポリアクリルアミドゲル電気泳動 / p29 (0034.jp2)
  30. 6.制限酵素によるPCRサンプルの解析 / p29 (0034.jp2)
  31. 7.PCRサンプルのベクターへのサブクローニング / p30 (0035.jp2)
  32. 8.ノーザンブロットハイブリダイゼーション / p31 (0036.jp2)
  33. 結果 / p32 (0037.jp2)
  34. 考察 / p37 (0042.jp2)
  35. 参考文献 / p42 (0047.jp2)
  36. 結論 / p45 (0050.jp2)
  37. 謝辞 / p46 (0051.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000079811
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000080016
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000244125
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ