ウサギの循環および呼吸の調節系に不可逆的機能不全をもたらす脳供血遮断時間

この論文をさがす

著者

    • 永山, 忠徳 ナガヤマ, タダノリ

書誌事項

タイトル

ウサギの循環および呼吸の調節系に不可逆的機能不全をもたらす脳供血遮断時間

著者名

永山, 忠徳

著者別名

ナガヤマ, タダノリ

学位授与大学

福島県立医科大学

取得学位

医学博士

学位授与番号

甲第161号

学位授与年月日

1990-12-06

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 内容目次 / (0002.jp2)
  2. I 緒言 / p2 (0005.jp2)
  3. II 方法 / p3 (0006.jp2)
  4. A.脳阻血時間の違いによる循環呼吸機能の可逆性および不可逆性の検討 / p4 (0007.jp2)
  5. B.脳供血量減少と無呼吸発現との関係の検討 / p6 (0009.jp2)
  6. C.統計学的解析について / p8 (0011.jp2)
  7. III 結果 / p8 (0011.jp2)
  8. A.脳供血遮断中および供血再開後の循環動態と呼吸運動の変化 / p8 (0011.jp2)
  9. B.不可逆群における全脳供血遮断時間と各種循環・呼吸動態因子との関係 / p12 (0015.jp2)
  10. C.脳供血遮断の完全度についての検討結果 / p15 (0018.jp2)
  11. D.遮断前循環呼吸機能の正常な例におけるIRTocの長さ並びに不可逆的不全となる場合の遮断前および遮断中の循環呼吸動態の特徴 / p17 (0020.jp2)
  12. E.供血再開後の総頚動脈流量(CCBF)の変化 / p20 (0023.jp2)
  13. IV 考察 / p21 (0024.jp2)
  14. A.脳供血遮断の程度 / p21 (0024.jp2)
  15. B.脳阻血反応の継時的変化と発現機序 / p24 (0027.jp2)
  16. C.脳供血再開後の総頸動脈流量の変化 / p30 (0033.jp2)
  17. D.脳供血遮断前および遮断中の循環呼吸動態からみた不可逆性に影響する因子 / p32 (0035.jp2)
  18. E.循環呼吸機能に不可逆的機能不全をもたらす脳供血遮断時間について / p34 (0037.jp2)
  19. V 結論 / p36 (0039.jp2)
  20. VI 文献 / p39 (0042.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000079826
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000080031
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000244140
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ